CircleCI
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

CircleCI

Crawler Crawler

概要

CircleCI に接続して、

  • ビルドの完了数、平均ビルド時間など、CircleCI のキーメトリクスを視覚化できます。
  • Datadog のタグシステムを使用してデータを分析できます (ジョブ名やリポジトリでビルドを細分するなど)。

セットアップ

インストール

CircleCI インテグレーションは、インテグレーションタイルからインストールできます。

コンフィグレーション

  1. CircleCI 設定で、Personal API Tokens に移動し、生成したキーをフォームに入力します。名前は CircleCI ラベルと同じである必要はありませんが、一意でなければなりません。
  2. 「Organization/reponame」、「Organization/repo*」、「Organization/*」などの式を使用してリポジトリを絞り込みます。フィルタリングは、追跡対象のプロジェクトに対して行われ、このリストは CircleCI 側でセットアップする必要があります。
  3. 適切なバージョン管理システムを指定し、適切な API キーを参照します。

API トークンは複数設定でき、トークン 1 個につき複数のプロジェクトを追跡できます。Datadog にリポジトリの情報を表示するには、ユーザーがそのリポジトリのコントリビューターとして設定されている必要があります。

収集データ

メトリクス

circleci.completed_build_time.sum
(count)
Total build time of completed (not canceled) builds
Shown as millisecond
circleci.completed_build_time.avg
(gauge)
Average build time of completed (not canceled) builds
Shown as millisecond
circleci.finished_builds.count
(count)
Count of all finished builds
Shown as build
circleci.completed_builds.count
(count)
Count of all completed (not canceled) builds
Shown as build

イベント

CircleCI インテグレーションには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

CircleCI インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。