Ansible
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Ansible

Crawler Crawler

概要

Datadog Ansible コールバックインテグレーションをインストールすると、以下のことができます。

  • Ansible サーバーの実行に関するリアルタイムのレポートを取得できます。
  • すべてのサーバーで Ansible のキーパフォーマンスメトリクスを追跡できます。
  • 失敗した Ansible の実行をすばやく特定してチームで議論できます。

Datadog の Ansible インテグレーションの使用方法については、ブログ記事 Ansible + Datadog: 自動化の監視と監視の自動化を参照してください。

セットアップ

インストール

  1. 以下の必須の Python ライブラリが、サーバーにインストールされていることを確認します。

    • datadogpy
    • pyyaml (pip install pyyaml でインストール)
    • Mac OS X ユーザーの場合: OS にインストールされているバージョン 2.7.10 以前の Python を実行している場合は、pip install pyopenssl idna を使用して、新しいバージョンの OpenSSL にアップグレードしてください。
  2. ansible-datadog-callback GitHub リポジトリを複製します。

  3. datadog_callback.py をプレイブックのコールバックディレクトリ (デフォルトでは、プレイブックのルートディレクトリにある callback_plugins/) にコピーします。このディレクトリがない場合は、作成してください。

  4. datadog_callback.py と同じ場所に datadog_callback.yml ファイルを作成し、このファイルで次のように API キーを設定します。

    ```yaml
    api_key: <DATADOG_API_キー>
    ```
  5. プレイブックが実行されると、Ansible のイベントおよびメトリクスが Datadog に表示されます。

Ansible を使用して Datadog Agent をインストールする方法については、こちらのインストールガイドを参照してください。

ログの収集

Ansible を使用して、ログ収集を有効にして Datadog Agent をインストールする方法については、こちらのプレイブックの例を参照してください。

収集データ

ansible.elapsed_time
(gauge)
Time taken to execute a playbook
Shown as second
ansible.task.ok
(gauge)
Number of tasks that did not require any change
Shown as task
ansible.task.failures
(gauge)
Number of tasks that failed
Shown as task
ansible.task.skipped
(gauge)
Number of tasks that got skipped
Shown as task
ansible.task.unreachable
(gauge)
Number of tasks for which nodes were unreachable
Shown as task
ansible.task.changed
(gauge)
Number of tasks that successfully applied changes
Shown as task

イベント

ansible-datadog-callback が実行中のプレイブックから Ansible のイベントを取得します。

サービスのチェック

Ansible インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。