Amazon Elastic File System
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Amazon Elastic File System

Crawler Crawler

概要

Amazon EFS は、AWS Lambda 関数または Amazon EC2 インスタンスと共に使用されるシンプルでスケーラブルなファイルストレージです。

Datadog アプリのすべての EFS メトリクスに対し、このインテグレーションを有効にします。

セットアップ

インストール

Amazon Web Services インテグレーションをまだセットアップしていない場合は、最初にセットアップします。

メトリクスの収集

  1. AWS インテグレーションタイルのメトリクス収集で、EFS をオンにします。
  2. Amazon EFS のメトリクスを収集するために、次のアクセス許可を Datadog IAM ポリシーに追加します。

    • elasticfilesystem:DescribeTags: ファイルシステムに適用されたカスタムタグを取得します。
    • elasticfilesystem:DescribeFileSystems: アクティブなファイルシステムをリストします。

    EFS ポリシーの詳細については、AWS Web サイトのガイドを参照してください。

  3. Datadog - AWS EFS インテグレーションをインストールします。

ログの収集

ログの有効化

Amazon EFS から S3 バケットまたは CloudWatch のいずれかにログを送信するよう構成します。

: S3 バケットにログを送る場合は、Target prefixamazon_efs に設定されているかを確認してください。

Datadog へのログの送信

  1. Datadog ログ コレクション AWS Lambda 関数をまだ実行していない場合は、セットアップします。
  2. lambda 関数がインストールされたら、AWS コンソールから、Amazon EFS ログを含む S3 バケットまたは CloudWatch のロググループに手動でトリガーを追加します。

Amazon EFS for Lambda

Amazon EFS for Lambda により、EFS を Lambda 関数に接続できます。組織は Lambda の EFS を使用し、機械学習およびデータ処理のワークロードを簡素化し、完全なサーバーレスを実現できます。Lambda メトリクスとログを EFS で分けるには、以下の手順に従います。

  1. AWS Lambda インテグレーションをインストールしてメトリクスの収集を有効にします。
  2. このアクセス許可を既存の Datadog IAM ポリシーに追加します。

    • elasticfilesystem:DescribeAccessPoints: Lambda 関数に接続された有効な EFS を一覧表示します。

収集データ

メトリクス

aws.efs.burst_credit_balance
(gauge)
The average burst credit balance during the period.
Shown as byte
aws.efs.burst_credit_balance.maximum
(gauge)
The largest burst credit balance for any minute during the period.
Shown as byte
aws.efs.burst_credit_balance.minimum
(gauge)
The smallest burst credit balance for any minute during the period.
Shown as byte
aws.efs.client_connections
(count)
The number of Amazon EC2 instances that are connected to a file system.
aws.efs.data_read_iobytes
(count)
The total number of bytes associated with read operations.
Shown as byte
aws.efs.data_read_iobytes.average
(count)
The average size of read operations during the period.
Shown as byte
aws.efs.data_read_iobytes.maximum
(count)
The size of the largest read operation during the period.
Shown as byte
aws.efs.data_read_iobytes.minimum
(count)
The size of the smallest read operation during the period.
Shown as byte
aws.efs.data_read_iobytes.samplecount
(count)
The sample count of the bytes associated with read operations.
Shown as byte
aws.efs.data_write_iobytes
(count)
The sum of the number bytes associated with write operations.
Shown as byte
aws.efs.data_write_iobytes.average
(count)
The average size of write operations during the period.
Shown as byte
aws.efs.data_write_iobytes.maximum
(count)
The size of the largest write operation during the period.
Shown as byte
aws.efs.data_write_iobytes.minimum
(count)
The size of the smallest write operation during the period.
Shown as byte
aws.efs.data_write_iobytes.samplecount
(count)
The sample count of the bytes associated with write operations.
Shown as byte
aws.efs.metadata_iobytes
(count)
The total number of bytes associated with metadata operations.
Shown as byte
aws.efs.metadata_iobytes.average
(count)
The average metadata operation during the period.
Shown as byte
aws.efs.metadata_iobytes.maximum
(count)
The size of the largest metadata operation during the period.
Shown as byte
aws.efs.metadata_iobytes.minimum
(count)
The size of the smallest metadata operation during the period.
Shown as byte
aws.efs.metadata_iobytes.samplecount
(count)
The sample count of the bytes associated with metadata operations.
Shown as byte
aws.efs.percent_iolimit
(gauge)
Shows how close a file system is to reaching the I/O limit of the general purpose performance mode.
Shown as percent
aws.efs.permitted_throughput
(gauge)
The average throughput permitted during the period.
Shown as byte
aws.efs.permitted_throughput.maximum
(gauge)
The highest throughput permitted for any minute during the period.
Shown as byte
aws.efs.permitted_throughput.minimum
(gauge)
The smallest throughput permitted for any minute during the period.
Shown as byte
aws.efs.total_iobytes
(count)
The total number of bytes associated with all file system operations
Shown as byte
aws.efs.total_iobytes.average
(count)
The average size of an operation during the period
Shown as byte
aws.efs.total_iobytes.maximum
(count)
The size of the largest operation during the period.
Shown as byte
aws.efs.total_iobytes.minimum
(count)
The size of the smallest operation during a period.
Shown as byte
aws.efs.total_iobytes.samplecount
(count)
The sample count of the bytes associated with all file system operations.
Shown as byte

AWS から取得される各メトリクスには、ホスト名やセキュリティグループなど、AWS コンソールに表示されるタグと同じタグが割り当てられます。

イベント

AWS Elastic File System インテグレーションには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

AWS Elastic File System インテグレーションには、サービスのチェックは含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。