Synthetic モニタリングの概要

Synthetic モニタリングの概要

概要

Synthetic テストでは、世界中からのシミュレートされたリクエストとアクションを使用して、システムとアプリケーションがどのように実行されているかを観察できます。Datadog は、バックエンドからフロントエンドまで、さまざまなネットワークレベル (HTTPTCPSSLDNSICMP) で、制御された安定した方法で Web ページと API のパフォーマンスを追跡します。障害のある動作 (リグレッション、機能の破損、応答時間の長さ、予期しないステータスコードなど) が発生した場合に警告します。

アプリケーションを監視する方法は 3 つあります。API テストは API エンドポイントのアップタイムを監視し、マルチステップ API テストは複数の HTTP リクエストをリンクし、ブラウザテストは主要なユーザージャーニーをテストします。管理ロケーションまたはプライベートロケーションからすべてのテストを実行して、内部向けのアプリケーションを監視します。Synthetic テストは、スケジュールに従って、または CI/CD パイプラインから直接手動でトリガーできます。

Datadog を使用して最初の Synthetic テストを設定するには、以下のセクションに従ってください。

前提条件

Datadog アカウントをまだ作成していない場合は作成します。

初めてテストを構成する場合

その他の参考資料