サービスチェックの送信: DogStatsD
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

サービスチェックの送信: DogStatsD

StatsD がメトリクスのみを受け付けるのに対して、DogStatsD は、Datadog の主要な 3 種類のデータタイプ、すなわちメトリクス、イベント、サービスチェックをすべて受け付けます。ここでは、サービスチェックの一般的な使用例をコード例を用いて説明します。

関数

DogStatsD をインストールした後、次の関数を使用して Datadog へサービスチェックを送信できます。

service_check(<SERVICE_CHECK_NAME>, <STATUS>, <TAGS>, <HOSTNAME>, <MESSAGE>)

サービスチェック関数パラメーター:

パラメーター種類必須デフォルト値説明
<SERVICE_CHECK_NAME>文字列はい-サービスチェックの名前。
<STATUS>Intはい-サービスのステータスを説明する定数: OK には 0、WARN には 1、CRITICAL には 2、UNKNOWN には 3
<TAGS>文字列のリストいいえ-サービスチェックに関連付けられているタグのリスト
<HOSTNAME>文字列いいえ現在のホストサービスチェックに関連付けられているホスト名
<MESSAGE>文字列いいえ-このステータスが発生した補足情報や説明

コード例

サービスチェックコードの例を表示するには言語を選んでください。

from datadog import initialize, statsd

options = {"statsd_host": "127.0.0.1", "statsd_port": 8125}

initialize(**options)

statsd.service_check(
    check_name="application.service_check",
    status="O",
    message="Application is OK",
)
require 'datadog/statsd'

statsd = Datadog::Statsd.new('localhost', 8125)

statsd.service_check('application.service_check', 0, {'message' => 'Application is OK'})
package main

import (
    "log"
    "time"

    "github.com/DataDog/datadog-go/statsd"
)

func main() {

    dogstatsdClient, err := statsd.New("127.0.0.1:8125")

    if err != nil {
        log.Fatal(err)
    }

    for {
        dogstatsdClient.SimpleServiceCheck("application.service_check", 0)
        time.Sleep(10 * time.Second)
    }
}
import com.timgroup.statsd.ServiceCheck;
import com.timgroup.statsd.NonBlockingStatsDClientBuilder;
import com.timgroup.statsd.StatsDClient;

public class DogStatsdClient {

    public static void main(String[] args) throws Exception {

        StatsDClient Statsd = new NonBlockingStatsDClientBuilder()
            .prefix("statsd").
            .hostname("localhost")
            .port(8125)
            .build();

        ServiceCheck sc = ServiceCheck.builder()
                          .withName("Service.check.name")
                          .withStatus(ServiceCheck.Status.OK)
                          .build();

        Statsd.serviceCheck(sc);
    }
}
using StatsdClient;

public class DogStatsdClient
{
    public static void Main()
    {
        var dogstatsdConfig = new StatsdConfig
        {
            StatsdServerName = "127.0.0.1",
            StatsdPort = 8125,
        };

        using (var dogStatsdService = new DogStatsdService())
        {
            dogStatsdService.Configure(dogstatsdConfig);
            dogStatsdService.ServiceCheck("Service.check.name", 0, message: "Application is OK.", tags: new[] { "env:dev" });
        }
    }
}
<?php

require __DIR__ . '/vendor/autoload.php';

use DataDog\DogStatsd;

$statsd = new DogStatsd(
    array('host' => '127.0.0.1',
          'port' => 8125,
     )
  );

$statsd->service_check('Service.check.name', 0);

サービスチェックが報告されたら、それを使用してカスタムチェックモニターをトリガーできます。

その他の参考資料