Datadog Agent Integration Developer Tool をインストールする

このドキュメントでは、インタープリターおよび開発ツールのインストールなど、Agent ベースのインテグレーションを開発するための Python 環境の設定方法について説明します。

Python のインストール

多くのオペレーティングシステムには、Python がプリインストールされています。しかし、デフォルトでインストールされている Python のバージョンは、最新の Agent で使用されるものと同じではない場合があります。インテグレーションを実行するために必要なものがすべて揃っていることを確認するために、専用の Python インタプリターをインストールしてください。

Homebrew を使って Python 3.11 をインストールします。

  1. Homebrew を更新します。

    brew update
    
  2. Python をインストールします。

    brew install python@3.11
    
  3. Homebrew のインストール出力を確認し、インストールスクリプトが推奨する追加のコマンドを実行します。

  4. Python のバイナリが PATH にインストールされていることと、正しいバージョンがインストールされていることを確認します。

    which python3.11
    

    お使いの Mac のアーキテクチャに応じて、以下の出力が表示されるはずです。

    • ARM (M1+) マシン:
      /opt/homebrew/bin/python3.11
      
    • Intel マシンの MacOS:
      /usr/local/bin/python3.11
      
  1. Python 3.11 64 ビット版の実行形式インストーラーをダウンロードして実行します。
  2. Python を PATH に追加するオプションを選択します。
  3. Install Now をクリックします。
  4. インストールが完了したら、マシンを再起動します。
  5. Python のバイナリが PATH にインストールされていることを確認します。
    > where python
    
    C:\Users\<USER>\AppData\Local\Programs\Python\Python39\python.exe
    

Linux でのインストールでは、システム Python の変更は避けてください。Datadog では pyenvminiconda を使用して Python 3.11 をインストールすることを推奨しています。

開発ツールのインストール

ddev CLI をインストールするには、2 つの選択肢があります。

GUI を使ったインストール

  1. ブラウザで .pkg ファイルをダウンロードします: ddev-9.0.0.pkg
  2. ダウンロードしたファイルを実行し、画面の指示に従います。
  3. ターミナルを再起動します。
  4. ddev コマンドが PATH に追加されたことを確認するには、次のコマンドを実行して、ddev バージョンを取得します。
    ddev --version
    9.0.0
    
  1. ブラウザで、以下のいずれかの .msi ファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを実行し、画面の指示に従います。
  3. ターミナルを再起動します。
  4. ddev コマンドが PATH に追加されたことを確認するには、次のコマンドを実行して、ddev バージョンを取得します。
    ddev --version
    9.0.0
    

コマンドラインからのインストール

  1. curl コマンドを使ってファイルをダウンロードします。-o オプションは、ダウンロードしたパッケージが書き込まれるファイル名を指定するためのものです。この例では、ファイルはカレントディレクトリの ddev-9.0.0.pkg として書き込まれます。
    curl -o ddev-9.0.0.pkg https://github.com/DataDog/integrations-core/releases/download/ddev-v9.0.0/ddev-9.0.0.pkg
    
  2. 標準の macOS installer プログラムを実行し、ダウンロードした .pkg ファイルをソースとして指定します。-pkg パラメーターを使用して、インストールするパッケージの名前を指定し、-target / パラメーターで、パッケージをインストールするドライブを指定します。ファイルは /usr/local/ddev にインストールされ、/etc/paths.d/ddev にエントリが作成され、そこに /usr/local/ddev ディレクトリを追加するようシェルに指示します。これらのフォルダーへの書き込み権限を付与するため、コマンドに sudo を含める必要があります。
    sudo installer -pkg ./ddev-9.0.0.pkg -target /
    
  3. ターミナルを再起動します。
  4. シェルが PATH 内の ddev コマンドを見つけて実行できることを確認するために、次のコマンドを使用します。
    ddev --version
    9.0.0
    
  1. 標準の Windows msiexec プログラムを使用して、インストーラーをダウンロードして実行し、いずれかの .msi ファイルをソースとして指定します。通常の無人インストールをリクエストするには、/passive および /i パラメーターを使用します。
    • x64:
      msiexec /passive /i https://github.com/DataDog/integrations-core/releases/download/ddev-v9.0.0/ddev-9.0.0-x64.msi
      
    • x86:
      msiexec /passive /i https://github.com/DataDog/integrations-core/releases/download/ddev-v9.0.0/ddev-9.0.0-x86.msi
      
  2. ターミナルを再起動します。
  3. シェルが PATH 内の ddev コマンドを見つけて実行できることを確認するために、次のコマンドを使用します。
    ddev --version
    9.0.0
    

スタンドアロンバイナリからのインストール

ご利用のプラットフォームおよびアーキテクチャに対応するアーカイブをダウンロードした後、PATH 上のディレクトリにバイナリを抽出し、バイナリの名前を ddev に変更します。