Timeboards
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Timeboards

タイムボードでは、ダッシュボード全体を定刻またはリアルタイムで自動レイアウトにより表示します。通常、トラブルシューティング、共同作業、一般データの調査に使用します。

注意: タイムボードのグラフはすべて、同時刻で切り替わります。グラフのタイムフレームを個別に制御するには、スクリーンボードを使用してください。

TV モード

タイムボードの TV アイコンをクリック、または、キーボードのショートカットキー F を使用して、タイムボードを TV モードに切り替えて大画面や TV に表示できます。

設定

タイムボードの設定は、パブリック URL の生成を除き、スクリーンボードの設定と同じです。

グラフを追加する

タイムボードを作成したら、Edit widgets ボタンまたは Add graph リンクをクリックしてグラフを追加します。次に、適切なウィジェットをタイムボード上にドラッグします。

検索

イベント

左上の Search… リンクをクリックしてイベントのオーバーレイを設定し、Events を選択、検索ボックスにクエリを入力します。これにより、設計時に追加されたイベントのオーバーレイと置き換わり、タイムボードの全グラフに適用されます。イベントの発生状況がオーバーレイで時系列グラフ上に表示され、右側にはイベントの一覧が表示されます。

ログ

左上の Search… リンクをクリックしてログのオーバーレイを設定し、Logs を選択、検索ボックスにクエリを入力します。時系列グラフ上にログの頻度がオーバーレイで表示され、右側にはイベントの一覧が表示されます。

グラフメニュー

ダッシュボード上で時系列グラフを左クリックすると、オプションメニューが開きます。

オプション説明
Annotate this graphイベントフィードに入力するコメントを記入したり、チームメンバーにグラフについて通知します。
View in full screenグラフを全画面モードで表示します。
Copy tags to clipboardマウスをかざすと表示されるタグをクリップボードにコピーします。
View related processesグラフ参照範囲のライブプロセスページへジャンプします。
View related hostsグラフ参照範囲のホストマップページへジャンプします。
View related logsグラフ参照範囲のログエクスプローラーページへジャンプします。

ログ検索クエリ

View related logs の検索クエリは、下記のパラメーターを使用して定義します。

  • タイムフレーム: 選択したデータポイントを中心に置き、グラフの時間枠を使用して選択したポイントの前後のデータを表示します。
  • インテグレーションプレフィックス: メトリクスがインテグレーションから派生しっている場合、Datadog は同じインテグレーション名で source 属性にフィルターを掛けます。
  • タグ: グラフで使用されるタグ (*template variable*、*split by*、filter by) はすべて、自動的に検索クエリに追加されます。

その他の参考資料