ランク
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

ランク

トップ

関数説明
top()トップ n 個の要素をグラフ化します。top(<METRIC_NAME>{*}, <LIMIT_TO>, '<BY>', '<DIR>')

top() 関数は 3 つのパラメーターを持ちます。

  • LIMIT_TO: 表示される系列の数。以下から選択します。
    • 5
    • 10
    • 25
    • 50
    • 100
  • BY: 集計方法。以下から選択します。

    • max: すべてのメトリクス値の最大値。
    • mean: すべてのメトリクス値の平均値。
    • min: すべてのメトリクス値の最小値。
    • sum: すべてのメトリクス値の合計。
    • last: 最後のメトリクス値。
    • l2norm: 時系列のノルムを使用して (常に正の値)、系列をランク付けします。
    • area: グラフの曲線の下の符号付き面積。負の場合もあります。
  • DIR: ランク付けの方向。以下のいずれかを選択します。

    • asc: 結果を昇順でランク付けします。
    • desc: 結果を降順でランク付けします。

top() メソッドには、便宜的に次の形式の関数も用意されています。これらは、入力として 1 つの系列リストを受け取ります。

[top, bottom][5, 10, 15, 20]_[mean, min, max, last, area, l2norm][2]

たとえば、bottom10_min() は、min メトリクスを使用して、下位の値 10 の系列を取得します。

その他の関数