CircleCI ワークフローにトレースを設定する

選択したサイト () では現在 CI Visibility は利用できません。

Datadog インテグレーションの構成

Datadog の CircleCI インテグレーションは、Webhooks を使用することでデータを Datadog に送信します。

  1. 各プロジェクトについて、CircleCI の Project Settings > Webhooks で、新しい Webhook を追加します。

    • Webhook URL: https://webhook-intake./api/v2/webhook/?dd-api-key=<API_KEY> ここで、<API_KEY>Datadog API キーです。
    • Name: Datadog CI Visibility など、任意の識別子名を指定します。
    • Events: Workflow CompletedJob Completed を選択します。
    • Certificate verifications: このチェックを有効にします。
  2. Add Webhook をクリックして、新しい Webhook を保存します。

カスタムタグの設定

インテグレーションによって生成されたすべてのパイプラインとジョブのスパンにカスタムタグを設定するには、Webhook URL に URL エンコードされたクエリパラメーター tags を追加し、key:value ペアをカンマで区切って指定します。key:value のペアにカンマが含まれる場合は、引用符で囲んでください。例えば、key1:value1, "key2: value with , comma",key3:value3 を追加するには、以下の文字列を Webhook URL に追記する必要があります。

?tags=key1%3Avalue1%2C%22key2%3A+value+with+%2C+comma%22%2Ckey3%3Avalue3

Datadog でパイプラインデータを視覚化する

ワークフローが終了した後、Pipelines ページと Pipeline Executions ページにデータが入力されます。

: Pipelines ページには、各リポジトリのデフォルトブランチのデータのみが表示されます。

その他の参考資料