JavaScript と TypeScript のための Intelligent Test Runner

互換性

Intelligent Test Runner は、以下のバージョンとテストフレームワークでのみサポートされています。

  • jest>=24.8.0
    • dd-trace>=3.16.0 または dd-trace>=2.29.0 以降
    • testRunner としてサポートされているのは jest-circus/runner のみです。
    • テスト環境としてサポートされているのは jsdomnode のみです。
  • mocha>=5.2.0
    • dd-trace>=3.16.0 または dd-trace>=2.29.0 以降
    • コードカバレッジを有効にするために nyc で mocha を実行します。
  • cucumber-js>=7.0.0
    • dd-trace>=3.16.0 または dd-trace>=2.29.0 以降
    • コードカバレッジを有効にするために nyc で cucumber-js を実行します。

セットアップ

Intelligent Test Runner を設定する前に、Test Visibility for Javascript and Typescript を設定してください。Agent を通してデータを報告する場合は、v6.40+/v7.40+ を使用してください。

Intelligent Test Runner を有効にするには、以下の環境変数を設定します。

DD_APPLICATION_KEY (必須)
スキップするテストをクエリするために使用する Datadog アプリケーションキー
デフォルト: (empty)

これらの環境変数を設定した後、通常通りテストを実行します。

NODE_OPTIONS="-r dd-trace/ci/init" DD_ENV=ci DD_SERVICE=my-javascript-app DD_CIVISIBILITY_AGENTLESS_ENABLED=true DD_API_KEY=$API_KEY DD_APPLICATION_KEY=$APP_KEY yarn test

UI アクティベーション

環境変数の設定に加えて、お客様またはお客様の組織で “Intelligent Test Runner Activation” 権限を持つユーザーが、テストサービス設定ページで Intelligent Test Runner を有効にする必要があります。

Datadog の CI セクションのテストサービス設定で Intelligent test runner を有効にする

スイートスキップ

Intelligent test runner for Javascript は、個々のテストではなく、テストスイート (テストファイル) 全体をスキップします。

その他の参考資料