Agent バージョンの違い
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Agent バージョンの違い

Datadog は、Datadog Agent をマイナーリリースとパッチリリースごとに、または少なくとも毎月更新することをお勧めします。

Datadog Agent のメジャーバージョンにアップグレードして最新の状態に保つことが、最新の Agent 機能と修正を入手するためにサポートされている唯一の方法です。ただし、Agent は頻繁にアップデートをリリースしており、エンタープライズ規模でアップデートを管理することは困難な場合があります。これは、メジャーリリースまで更新を待つべきであるあるという意味ではありません。組織に適した更新の頻度は、インフラストラクチャーと構成管理の方法によって異なりますが、毎月が目標です。

特定のホストの 2 つのマイナーバージョン間で Datadog Agent コアを更新するには、プラットフォームに対応するインストールコマンドを実行します。

Datadog Agent のリリース番号は、SemVer の規則に従います。

メジャー Agent バージョン間の変更点

Agent v7 は、Datadog Agent の最新のメジャーバージョンです。Agent v6 からの唯一の変更点は、このバージョンには、インテグレーションおよびカスタムチェック用の Python 3 のサポートのみが含まれていることです。

Agent をバージョン 7 にアップグレードする方法については、Agent v7 へのアップグレードのドキュメントを参照してください。すべての公式インテグレーションは、そのままの状態で Python 3 をサポートしています。Python 3 カスタムチェック移行ガイドに従って、カスタムチェックを Python 3 に移行します。

: Datadog Agent v6 で Python 3 を使用するで、Agent v6 でこの移行をテストできます。

Agent バージョン 6 の主な変更点:

Agent 5 と Agent 6 の大きな違いは、Agent 6 のコア Agent が Golang で全面的に書き換えられていることです。Golang により、Agent は並行処理を利用できるようになりました。これまで Agent v5 が実行していたフォワーダー、コレクター、DogStatsD の 3 つのプロセスの代わりに、Agent プロセスだけが実行されるようになりました。また、他にも多くのコアの改善が行われています。

  • Agent v6 では、Agent v5 と比べてリソースの使用が大幅に改善されました。

    • CPU 使用量が減少しました。
    • メモリ使用量が減少しました。
    • 使用するファイルディスクリプタ数が減少しました。
    • あらゆる面でフットプリントが減少しました。
  • Agent 6 は、さらに 2 つのポートを使用します。

    : datadog.yaml ファイルで、expvar_port および cmd_port に別のポートを指定できます。

  • Agent v6 と DogStatsD のカスタムビルドがたいへん容易になりました。使用できる構成オプションも増え、ほぼすべての項目を自由に収集対象にしたり、対象から外したりすることができます。

Agent v6 の新機能:

Agent v5 から Agent v6 へのすべての変更内容については、Datadog Agent の変更点に関するドキュメントを参照してください。以下は、主な違いです。

その他の参考資料