Network Time Protocol (NTP) に関する問題
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Network Time Protocol (NTP) に関する問題

以下の問題は、Agent を介してメトリクスを報告するホストの NTP オフセットに関連している可能性があります。

  • 不正なアラートのトリガー
  • メトリクスの遅延
  • メトリクスのグラフの途切れ

ホストの NTP オフセットをチェックするには、使用中の OS に適した手順に従い Agent ステータスコマンドを実行し、クロックセクションを探します。

  Clocks
  ======
    NTP offset: -0.0036 s
    System UTC time: 2015-02-12 22:10:49.524660

大幅なオフセットにより、好ましくない影響を受けることがあります。NTP 関連の問題を防ぐには、NTP オフセット用の Datadog のモニターを活用し、ホストでドリフトが見られる際に警告を発するようにします(NTP インテグレーションのおかげです)。 または、Datadog のチェック内容のサマリーページを使い、チェック ntp.in_sync を調べ、NTP 関連の問題のあるホスト一覧を確認します。

: ローカルサーバーの時刻が Datadog NTP サーバーに照らし許容範囲であることを Agent が確認できるように、ポート 123 を経由する外行き UDP トラフィックは許可されなければなりません。

その他の参考資料