Agent ランタイムコンフィギュレーション管理
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Agent ランタイムコンフィギュレーション管理

Agent 6.19+/7.19+ を実行している場合は、コンフィギュレーションの変更を反映するために Agent を再起動する必要はなく、ランタイム時に一部の設定を動的に変更できます。

: 動的に行われた変更は保持されません。Agent を再起動するとすぐに失われます。

コマンド config list-runtime を使用して、ランタイム時に変更できるコンフィギュレーションパラメーターを一覧表示します。各種プラットフォームでの完全なコマンドについては、以下の表を参照してください。

プラットフォームコマンド
Dockerdocker exec datadog-agent agent config list-runtime
macOSdatadog-agent config list-runtime
CentOSsudo datadog-agent config list-runtime
Debiansudo datadog-agent config list-runtime
Kuberneteskubectl exec <POD_NAME> agent config list-runtime
Fedorasudo datadog-agent config list-runtime
Redhatsudo datadog-agent config list-runtime
Susesudo datadog-agent config list-runtime
ソースsudo datadog-agent config list-runtime
WindowsWindowsに関する個別のドキュメントをご参照ください。

ランタイム時に変更できる 1 つのパラメーターは、ログレベルです。これは、コンテナ化された環境でデバッグを行う場合に便利です。この場合、Agent を実行しているコンテナを破棄して再作成する必要がないため、Agent のコンフィギュレーションを簡単に変更できません。Kubernetes デプロイメントでデバッグするログレベルを動的に設定するには、次のコマンドを呼び出します。

kubectl exec <ポッド名> agent config set log_level debug

config get <設定> を使用すると、ランタイム編集が可能な設定の現在の値を取得できます。たとえば、Linux システムで現在のログレベルを取得するには、次のコマンドを使用します。

sudo datadog-agent config get log_level

完全なランタイムコンフィギュレーションは、config コマンドを使用して表示することもできます。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: