ネットワーク パフォーマンス モニタリングの正式提供を開始しました! ネットワーク パフォーマンス モニタリング提供開始!

Kubernetes のレガシーバージョン

デフォルトの構成は Kubernetes 1.7.6 以降を対象にしています。これは、Agent がこのバージョンから導入された機能とエンドポイントに依存しているためです。古いバージョンの方がインストール手順が多くなっています。

  • RBAC オブジェクト (ClusterRolesClusterRoleBindings) は Kubernetes 1.6 および OpenShift 3.3 から利用可能ですが、複数の apiVersion プレフィックスがあります。

    • Kubernetes 1.8+ (および OpenShift 3.9+) の場合は rbac.authorization.k8s.io/v1。これはデフォルトの apiVersion です。
    • Kubernetes 1.5 ~ 1.7 (および OpenShift 3.7) の場合は rbac.authorization.k8s.io/v1beta1
    • Openshift 3.3 ~ 3.6 の場合は v1

    次の sed 呼び出しを使用して、Datadog Agent yaml マニフェストを適用します。

    sed "s%authorization.k8s.io/v1%authorization.k8s.io/v1beta1%" clusterrole.yaml | kubectl apply -f -
    sed "s%authorization.k8s.io/v1%authorization.k8s.io/v1beta1%" clusterrolebinding.yaml | kubectl apply -f -
    

    Openshift 3.3 ~ 3.6 の場合は次のようにします。

    sed "s%rbac.authorization.k8s.io/v1%v1%" clusterrole.yaml | oc apply -f -
    sed "s%rbac.authorization.k8s.io/v1%v1%" clusterrolebinding.yaml | oc apply -f -
    
  • kubelet チェックは、Kubernetes 1.7.6+ (OpenShift 3.7.0+) Prometheus エンドポイントからメトリクスを取得します。古いバージョンでは、cAdvisor ポートモードを有効にします

  • デフォルトの DaemonSet は、Downward API を利用して kubelet の IP をエージェントに渡します。これはバージョン 1.7 以降で機能します。古いバージョンで kubelet 接続を有効にするには、別の方法があります。

    • バージョン 1.6 では、fieldPath: spec.nodeName を使用し、ノード名が解決可能かつポッドから到達可能であることを検証します。
    • DD_KUBERNETES_KUBELET_HOST が設定されていない場合、Agent は、docker からノードのホスト名を取得し、そこへの接続を試みます。docker info | grep "Name:" を参照し、名前が解決可能かつ到達可能であることを検証します。
    • クラスター全体で docker のデフォルトゲートウェイの IP が同じ場合は、その IP を DD_KUBERNETES_KUBELET_HOST 環境変数で渡します。IP は ip addr show | grep docker0 コマンドで取得できます。
  • デフォルトの構成は、API サーバーと kubelet へのベアラートークン認証に依存します。1.3 では、kubelet がベアラートークン認証をサポートしません。datadog-agent サービスアカウントのクライアント証明書をセットアップし、それをエージェントに渡します。

その他の参考資料