コミュニティインテグレーションを使用する

概要

Datadog Agent のコミュニティ開発のインテグレーションは、Datadog の Integrations-extra GitHub リポジトリに格納されています。これらは Agent にはパッケージ化されていませんが、アドオンとしてインストールできます。

セットアップ

新規ユーザーの方は、最新版の Datadog Agent をダウンロードおよびインストールしてください。

インストール

Agent のバージョンを選択してください:

Agent v7.21 / v6.21 以降の場合:

  1. 以下のコマンドを実行して、Agent インテグレーションをインストールします。

    datadog-agent integration install -t datadog-<INTEGRATION_NAME>==<INTEGRATION_VERSION>
    
  2. コアのインテグレーションと同様にインテグレーションを構成します。

  3. Agent を再起動します

: I必要に応じて、インストールコマンドの先頭に sudo -u dd-agent を追加します。

コミュニティインテグレーションを Docker Agent で使用するためにお勧めの方法は、このインテグレーションがインストールされた Agent をビルドすることです。次の Dockerfile を使用して、<INTEGRATION_NAME> を含む Agent の更新バージョンをビルドします。

FROM gcr.io/datadoghq/agent:latest
RUN agent integration install -r -t datadog-<INTEGRATION_NAME>==<INTEGRATION_VERSION>

Docker 内で実行された agent Integration install コマンドは、無害な警告 Error loading config: Config File "datadog" Not Found in "[/etc/datadog-agent]": warn を発行します。この警告は無視してかまいません。

この新しい Agent イメージをオートディスカバリーと組み合わせて使用して、<INTEGRATION_NAME> を有効にします。

Agent v7.21 / v6.21 以前の場合:

  1. <INTEGRATION_NAME>/datadog_checks/<INTEGRATION_NAME>/ フォルダーに ファイルを integrations-extra リポジトリからダウンロードします
  2. <INTEGRATION_NAME>.py とその他の Python ファイルを Agent の checks.d ディレクトリに配置します。
  3. Agent のコンフィギュレーションディレクトリに新しい <INTEGRATION_NAME>.d/ フォルダーを作成します。
  4. 作成したディレクトリに、<INTEGRATION_NAME>/datadog_checks/<INTEGRATION_NAME>/data/ から conf.yaml.example ファイルを配置します。
  5. このファイルの名前を conf.yaml に変更します。
  6. コアのインテグレーションと同様にインテグレーションを構成します。
  7. Agent を再起動します

その他の参考資料