Podman コンテナランタイムとの Docker インテグレーションの使用

Podman コンテナランタイムとの Docker インテグレーションの使用

Podman は、Linux システムで OCI コンテナを開発、管理、実行するためのデーモンレスコンテナエンジンです。詳細については、https://podman.io/ をご覧ください。

Podman は、Docker と互換性のある CLI インターフェイスとソケットを提供する、Docker の代替製品です。この特異性により、Podman コンテナで Datadog Agent Docker インテグレーションを使用できます。

要件

  • Podman バージョン >= 3.2.0
  • 通信ソケットを公開するように構成された Podman。
  • Datadog Agent バージョン >= 7.30.0

podman コンテナとしての Agent のデプロイ

Agent を Podman コンテナとしてデプロイするために実行するコマンドは、Docker で使用されるコマンドと非常によく似ています。

$ podman run -d --name dd-agent \
    -v /run/podman/podman.sock:/run/podman/podman.sock:ro \
    -v /proc/:/host/proc/:ro \
    -v /sys/fs/cgroup/:/host/sys/fs/cgroup:ro \
    -e DD_API_KEY=<API_KEY> \
    -e DOCKER_HOST=unix:///run/podman/podman.sock \
    --privileged \
    gcr.io/datadoghq/agent:latest

次のとおり 2 つの重要な違いがあります。

  • -v /run/podman/podman.sock:/run/podman/podman.sock:ro を使用して、Docker ソケットの代わりに Podman ソケットをマウントします。
  • -e DOCKER_HOST=unix:///run/podman/podman.sock を使用して、Podman ソケットとの Agent 通信を構成します。

既知の制限

  • コンテナログの集計はサポートされていません。
  • Podman ソケットのアクティブ化は、セットアップに応じてオプションにすることができます。有効にする必要がある場合があります。