Datadog Operator の高度なセットアップ

Datadog Operator の高度なセットアップ

Datadog Operator は公開ベータ版です。フィードバックや質問がございましたら、Datadog サポートチームまでお寄せください。

Datadog Operator は Kubernetes や OpenShift にDatadog Agent をデプロイする方法です。カスタムリソースステータスでデプロイ状況、健全性、エラーを報告し、高度なコンフィギュレーションオプションでコンフィギュレーションミスのリスクを抑えます。

前提条件

Datadog Operator を使用するには、次の前提条件が必要です。

  • Kubernetes Cluster バージョン >= v1.14.X: テストはバージョン >= 1.14.0 で行われましたが、バージョン >= v1.11.0 で動作するはずです。以前のバージョンでは、CRD サポートが制限されているため、Operator が期待どおりに機能しない場合があります。
  • datadog-operator をデプロイするための Helm
  • datadog-agent をインストールするための Kubectl CLI

Datadog Operator のデプロイ

Datadog Operator を使用するには、Kubernetes クラスターにデプロイします。次に、Datadog デプロイコンフィギュレーションを含む DatadogAgent Kubernetes リソースを作成します。

  1. Datadog Helm リポジトリを追加します。
helm repo add datadog https://helm.datadoghq.com
  1. Datadog Operator をインストールします。
helm install my-datadog-operator datadog/datadog-operator

Operator を使用して Datadog Agent をデプロイする

Datadog Operator をデプロイした後、Kubernetes クラスターでの Datadog Agent のデプロイをトリガーする DatadogAgent リソースを作成します。このリソースを Datadog-Operator ネームスペースに作成することにより、Agent はクラスターのすべての NodeDaemonSet としてデプロイされます。

以下のテンプレートを使用して、datadog-agent.yaml マニフェストを作成します。

<DATADOG_API_KEY><DATADOG_APP_KEY>Datadog API とアプリケーションキーに置き換えてから、次のコマンドで Agent のインストールをトリガーします。

$ kubectl apply -n $DD_NAMESPACE -f datadog-agent.yaml
datadogagent.datadoghq.com/datadog created

DatadogAgent リソースの状態は次のコマンドで確認できます。

kubectl get -n $DD_NAMESPACE dd datadog
NAME            ACTIVE   AGENT             CLUSTER-AGENT   CLUSTER-CHECKS-RUNNER   AGE
datadog-agent   True     Running (2/2/2)                                           110m

2-worker-nodes のクラスターでは、各ノードで作成された Agent ポッドが表示されます。

$ kubectl get -n $DD_NAMESPACE daemonset
NAME            DESIRED   CURRENT   READY   UP-TO-DATE   AVAILABLE   NODE SELECTOR   AGE
datadog-agent   2         2         2       2            2           <none>          5m30s

$ kubectl get -n $DD_NAMESPACE pod -owide
NAME                                         READY   STATUS    RESTARTS   AGE     IP            NODE
agent-datadog-operator-d897fc9b-7wbsf        1/1     Running   0          1h      10.244.2.11   kind-worker
datadog-agent-k26tp                          1/1     Running   0          5m59s   10.244.2.13   kind-worker
datadog-agent-zcxx7                          1/1     Running   0          5m59s   10.244.1.7    kind-worker2

クリーンアップ

次のコマンドは、上記の手順で作成されたすべての Kubernetes リソースを削除します。

kubectl delete datadogagent datadog
helm delete datadog

許容範囲

datadog-agent.yaml ファイルを次のコンフィギュレーションで更新して、DaemonSetDaemonset.spec.template に許容範囲を追加します。

apiVersion: datadoghq.com/v1alpha1
kind: DatadogAgent
metadata:
  name: datadog
spec:
  credentials:
    apiKey: "<DATADOG_API_KEY>"
    appKey: "<DATADOG_APP_KEY>"
  agent:
    image:
      name: "gcr.io/datadoghq/agent:latest"
    config:
      tolerations:
       - operator: Exists

この新しいコンフィギュレーションを適用します。

$ kubectl apply -f datadog-agent.yaml
datadogagent.datadoghq.com/datadog updated

DaemonSet の更新は、新しい目的のポッド値を確認することで検証できます。

$ kubectl get -n $DD_NAMESPACE daemonset
NAME            DESIRED   CURRENT   READY   UP-TO-DATE   AVAILABLE   NODE SELECTOR   AGE
datadog-agent   3         3         3       3            3           <none>          7m31s

$ kubectl get -n $DD_NAMESPACE pod
NAME                                         READY   STATUS     RESTARTS   AGE
agent-datadog-operator-d897fc9b-7wbsf        1/1     Running    0          15h
datadog-agent-5ctrq                          1/1     Running    0          7m43s
datadog-agent-lkfqt                          0/1     Running    0          15s
datadog-agent-zvdbw                          1/1     Running    0          8m1s

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: