Windows 用 Datadog Agent Manager
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Windows 用 Datadog Agent Manager

概要

Datadog Agent v6 Manager GUI はブラウザベースです。GUI が実行されるポートは datadog.yaml ファイルで構成できます。ポートを -1 に設定すると、GUI が無効になります。 デフォルトでは、Windows と Mac ではポート 5002 で有効になっており、Linux では無効になっています。

要件

  1. cookie をブラウザーで有効にする必要があります。GUI は、GUI サーバーとのすべての通信を認証するために使用されるトークンを生成し、ブラウザーに保存します。

  2. GUI は、GUI を起動するユーザーが正しいユーザーアクセス許可を持つ場合にのみ起動されます。datadog.yaml を開くことができれば、GUI を使用できます。

  3. セキュリティ上の理由から、GUI はローカルネットワークインターフェイス (localhost/127.0.0.1) からのみアクセスできます。そのため、Agent を同じホストで実行する必要があります。したがって、Agent を VM やコンテナーで実行してホストマシンからアクセスすることはできません。

Datadog Agent Manager を起動する

Agent を Windows ホストにインストールした後、Datadog Agent Manager を起動して Agent をグラフィカルに管理します。

Windows のスタートメニューから

  • Datadog フォルダーをクリックします。
  • Datadog Agent Manager を右クリックします。
  • Run as Administrator を選びます。

管理者特権の Powershell プロンプトから

& "%PROGRAMFILES%\Datadog\Datadog Agent\embedded\agent.exe" launch-gui

Datadog Agent Manager がデフォルトのウェブブラウザで起動します。ウェブアドレスは http://127.0.0.1:5002 です。

オプション

次のセクションでは、左側のナビゲーションバーのオプションについて説明します。

ステータス

一般

Datadog Agent Manager を起動すると、デフォルトで一般ステータスページが表示されます。次のセクションが含まれます。

セクション説明
Agent Infoバージョン、ログレベル、ファイルパスなどの Agent に関する情報を提供します。
System Infoシステム時間、ntp オフセット、Go、Python バージョンに関する情報が含まれています。
ホスト情報OS、プラットフォーム、プロシージャ、稼働時間などのホストに関する情報を提供します。
ホスト名Agent が検出したホスト名とホストタグを表示します。
JMX StatusJMX チェックのリストとそのステータス。
フォワーダーAPI キーのステータスなど、Agent の Forwarder に関する情報。
エンドポイントAgent が使用中のエンドポイント。
ログ AgentLogs Agent に関する情報(有効な場合)。
AggregatorAgent のデータ Aggregator に関する情報。
DogStatsDDogStatsD で送信されたデータの統計。

コレクター

コレクターのステータスページには、Agent の実行中のチェックに関する詳細が表示されます。例:

cpu
   Instance ID: cpu [OK]
   Total Runs: 1,561
   Metric Samples: 7, Total: 10,921
   Events: 0, Total: 0
   Service Checks: 0, Total: 0
   Average Execution Time: 4ms

ログ

ログページには、agent.log に出力される Agent ログが表示されます。ログは、最新のものまたは古いものから順にソートできます。

2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:246 in work) | Running check cpu
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:302 in work) | Done running check cpu
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:246 in work) | Running check disk
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:302 in work) | Done running check disk
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:246 in work) | Running check file_handle
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:302 in work) | Done running check file_handle
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:246 in work) | Running check io
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:302 in work) | Done running check io
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:246 in work) | Running check memory
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:302 in work) | Done running check memory
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:246 in work) | Running check network
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:302 in work) | Done running check network
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:246 in work) | Running check ntp
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:302 in work) | Done running check ntp
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:246 in work) | Running check uptime
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:302 in work) | Done running check uptime
2019-07-10 17:46:04 EDT | INFO | (runner.go:246 in work) | Running check winproc
2019-07-10 17:46:05 EDT | INFO | (runner.go:302 in work) | Done running check winproc
2019-07-10 17:48:02 EDT | INFO | (transaction.go:114 in Process) | Successfully posted payload to "https://6-2-1-app.agent.datadoghq.com/api/v1/check_run?api_key=*************************12345"

設定

設定ページには、Agent のメイン構成ファイル datadog.yaml の内容が表示されます。このファイルは、Datadog Agent Manager から直接編集できます。変更を行った後、右上の Save をクリックし、Agent を再起動します。

使用可能なすべての構成オプションの詳細については、サンプル config_template.yaml を参照してください。

チェック

チェックの管理

チェックの管理ページには、有効なチェック構成ファイルの内容が表示されます。このファイルは、Datadog Agent Manager から直接編集できます。変更を行った後、右上の Save をクリックし、Agent を再起動します。

チェックを追加するには、ドロップダウンで Add a Check を選択します。これにより、インストール可能なチェックのリストが表示されます。構成の詳細については、特定のチェックのインテグレーションページを参照してください。

チェック内容のサマリー

チェック内容のサマリーページには、実行中のチェックのリスト、各チェックのインスタンス数、チェックのステータスが表示されます。

フレア

Agent に問題がある場合、フレアページは Datadog サポートチームとトラブルシューティングする際に役立ちます。チケット番号(任意)とメールアドレスを入力して、Submit をクリックします。これにより、Agent ログと構成ファイルのコピーが Datadog サポートに送信されます。フレアの詳細については、Agent フレアのドキュメントをご覧ください。

Agent の再起動

左側のナビゲーションバーで Restart Agent をクリックすると、Agent が即座に再起動します。ページや確認プロンプトはありません。Agent を再起動すると、一般ステータスページに転送されます。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: