Datadog Agent イメージのビルド

Datadog Agent イメージのビルド

Datadog Docker Agent を特定の <AGENT_VERSION> でビルドするには、以下の手順に従います。Agent のバージョンは v6.0 以降です。

  1. Datadog Agent レポジトリを複製します。

    git clone https://github.com/DataDog/datadog-agent.git
    
  2. datadog-agent/Dockerfile/agent/ フォルダに移動します。

    cd datadog-agent/Dockerfile/agent/
    
  3. ビルドする Agent のバージョンのブランチに切り替えます。

    git branch <AGENT_VERSION> && git checkout <AGENT_VERSION>
    
  4. その Agent バージョンに対応する Agent Debian パッケージをダウンロードします。AMD と ARM のいずれかのアーキテクチャを選択してください。

    curl https://s3.amazonaws.com/apt.datadoghq.com/pool/d/da/datadog-agent_<AGENT_VERSION>-1_amd64.deb -o datadog-agent_<AGENT_VERSION>-1_amd64.deb
    
    curl https://s3.amazonaws.com/apt.datadoghq.com/pool/d/da/datadog-agent_<AGENT_VERSION>-1_arm64.deb -o datadog-agent_<AGENT_VERSION>-1_arm64.deb
    

    : 利用可能な Debian パッケージの一覧は、こちらの APT リストを参照してください。

  5. 以下を実行して Agent イメージをビルドします。

    docker build --build-arg <BUILD_ARGS> --file amd64/Dockerfile --pull --tag <IMAGE_TAG> .
    
    docker build --build-arg <BUILD_ARGS> --file arm64/Dockerfile --pull --tag <IMAGE_TAG> .
    

    たとえば、AMD アーキテクチャで Agent バージョン 7.17.0 のイメージをビルドするには、以下を実行します。

    docker build --build-arg DD_AGENT_ARTIFACT=./datadog-agent_7.17.0-1_amd64.deb --file amd64/Dockerfile --pull --tag documentation-example .
    

    <BUILD_ARGS> には以下を定義できます。

    引数定義デフォルト
    PYTHON_VERSIONAgent チェックに必要な Python ランタイムのバージョン。-
    WITH_JMXtrue に設定すると、Agent コンテナに JMX フェッチのロジックが含まれます。false
    DD_AGENT_ARTIFACT使用する Agent Debian アーティファクトパッケージのパス(同じフォルダにない場合) -