Datadog Agent v6 で Python 3 を使用する
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Datadog Agent v6 で Python 3 を使用する

v6.14.0 以降、Agent v6 は Python 2 および Python 3 ランタイムと互換性を持ちます。つまり、Agent のコンフィギュレーションにより、Python 2 または Python 3 のいずれでも Agent チェックを実行できます。

デフォルトでは、Agent v6 は Python 2 ランタイムを使用します。Python 3 ランタイムに変更するには:

  1. datadog.yaml コンフィギュレーションファイルで python_version コンフィギュレーションオプションを設定します。

    python_version: 3
  2. Agent を再起動します

または、DD_PYTHON_バージョン の環境変数を 2 または 3 に設定し、使用する Python ランタイムを選択することも可能です。設定されている場合、datadog.yamlpython_version オプションは無視されます。

これは、Agent 全体のコンフィギュレーションオプションです。Agent により起動されたすべての Python チェックは、同じ Python ランタイムを使用します

Agent v6.x と Agent v7.x の違いは、Agent v7.x には Python 3 ランタイムが含まれ、Agent v6.x には Python 2 ランタイムのみが含まれるという点だけなので、Agent のバージョンを変更するだけで Python ランタイムを変更することができます。一方の Python ランタイムから他方へ変更するには、該当する Agent イメージを選択します。

  • Python 2 ランタイム: Agent v6 イメージは、datadog/agent:6.<AGENT_マイナーバージョン> のフォーマット。JMX チェックをサポートするイメージの場合は datadog/agent:6.<AGENT_マイナーバージョン>-jmx

  • Python 3 ランタイム: Agent v7 イメージは、datadog/agent:7.<AGENT_マイナーバージョン> のフォーマット。JMX チェックをサポートするイメージの場合は datadog/agent:7.<AGENT_マイナーバージョン>-jmx

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: