Agent のログファイル

Agent のログファイル

Datadog Agent は 10 MB ごとにログロールオーバーを行います。ロールオーバーが発生すると、バックアップ (agent.log.1) が 1 つ保管されます。以前のバックアップが存在する場合は、ロールオーバーによって上書きされます。

Agent のログディレクトリ

プラットフォーム コマンド
Linux /var/log/datadog/
macOS、Agent v7.28+ および v6.28+ /opt/datadog-agent/log
macOS、6.28.0/7.28.0 以前の Agent /var/log/datadog
Windows Server 2008/Vista 以降 C:\ProgramData\Datadog\logs
Windows Server 2003/XP 以前 サポートされないプラットフォーム
プラットフォーム コマンド
Linux /var/log/datadog/
macOS /var/log/datadog/
Windows Server 2008/Vista 以降 C:\ProgramData\Datadog\logs\
Windows Server 2003/XP 以前 C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Datadog\logs\
SmartOS /opt/local/datadog/logs/supervisord/
ソースビルド ~/.datadog-agent/supervisord/logs/

Agent のログファイル

  • agent.log
  • process-agent.log
  • trace-agent.log
  • jmxfetch.log for Agent >= 7.24.0/6.24.0
  • collector.log
  • dogstatsd.log
  • forwarder.log
  • supervisord.log

Agent インストールログファイル

プラットフォーム 場所とファイル名
Linux $pwd/ddagent-install.log
macOS /tmp/dd_agent.log
Windows %TEMP%\MSI*.LOG

その他の参考資料