Agent のログファイル

Datadog Agent は、デフォルトで 10MB ごとにログのロールオーバーを行います。ロールオーバーが発生すると、1 つのバックアップ (agent.log.1) が保存されます。以前のバックアップが存在する場合、ロールオーバー中に上書きされます。1 つのログファイルの最大サイズと保持するバックアップファイルの最大数を設定するには、Agent メインコンフィギュレーションファイルlog_file_max_size (デフォルト: 10485760 バイト) と log_file_max_rolls (デフォルト: 1) を使用します。

Agent のログディレクトリ

プラットフォームコマンド
Linux/var/log/datadog/
macOS、Agent v7.28+ および v6.28+/opt/datadog-agent/log
macOS、6.28.0/7.28.0 以前の Agent/var/log/datadog
Windows Server 2008/Vista 以降C:\ProgramData\Datadog\logs
Windows Server 2003/XP 以前サポートされないプラットフォーム
プラットフォームコマンド
Linux/var/log/datadog/
macOS/var/log/datadog/
Windows Server 2008/Vista 以降C:\ProgramData\Datadog\logs\
Windows Server 2003/XP 以前C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Datadog\logs\
SmartOS/opt/local/datadog/logs/supervisord/
ソースビルド~/.datadog-agent/supervisord/logs/

Agent のログファイル

  • agent.log
  • process-agent.log
  • trace-agent.log
  • system-probe.log
  • jmxfetch.log for Agent >= 7.24.0/6.24.0
  • collector.log
  • dogstatsd.log
  • forwarder.log
  • supervisord.log

Agent インストールログファイル

プラットフォーム場所とファイル名
Linux$(pwd)/ddagent-install.log
macOS/tmp/dd_agent.log
Windows%TEMP%\MSI*.LOG

その他の参考資料