Agent のコマンド
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Agent のコマンド

service ラッパーコマンドを使用できない Linux ベースのシステムをご使用の場合は、代替リストを参照してください

Agent の起動/停止/再起動

Agent の起動

Datadog Agent を起動するためのコマンドを以下に示します。

プラットフォームコマンド
AIXstartsrc -s datadog-agent
LinuxOS のドキュメントを参照してください
DockerDocker ドキュメントを参照してください
Kuberneteskubectl create -f datadog-agent.yaml
macOSlaunchctl start com.datadoghq.agent または systray アプリを使用
ソースsudo service datadog-agent start
WindowsWindows ドキュメントを参照してください
プラットフォームコマンド
Linuxsudo service datadog-agent start
DockerDocker ドキュメントを参照してください。
macOS/usr/local/bin/datadog-agent start
ソースsudo ~/.datadog-agent/bin/agent start
WindowsWindows ドキュメントを参照してください。

Agent の停止

Datadog Agent を停止するためのコマンドを以下に示します。

プラットフォームコマンド
AIXstopsrc -s datadog-agent
LinuxOS のドキュメントを参照してください
DockerDocker ドキュメントを参照してください
Kuberneteskubectl delete pod <AGENT POD NAME>—注: ポッドは自動的にリスケジュールされます
macOSlaunchctl stop com.datadoghq.agent または systray アプリを使用
ソースsudo service datadog-agent stop
WindowsWindows ドキュメントを参照してください
プラットフォームコマンド
Linuxsudo service datadog-agent stop
DockerDocker ドキュメントを参照してください。
macOS/usr/local/bin/datadog-agent stop
ソースsudo ~/.datadog-agent/bin/agent stop
WindowsWindows ドキュメントを参照してください。

Agent を再起動します。

Datadog Agent を再起動するためのコマンドを以下に示します。

プラットフォームコマンド
LinuxOS のドキュメントを参照してください
DockerDocker ドキュメントを参照してください
Kuberneteskubectl delete pod <AGENT POD NAME>—注: ポッドは自動的にリスケジュールされます
macOSstop を実行後 start を実行。または systray アプリを使用
ソースサポートされないプラットフォーム
WindowsWindows ドキュメントを参照してください
プラットフォームコマンド
Linuxsudo service datadog-agent restart
DockerDocker ドキュメントを参照してください。
macOS/usr/local/bin/datadog-agent restart
ソースsudo ~/.datadog-agent/bin/agent restart
WindowsWindows ドキュメントを参照してください。

Agent のステータスと情報

サービスのステータス

Datadog Agent のステータスを表示するためのコマンドを以下に示します。

プラットフォームコマンド
AIXlssrc -s datadog-agent
LinuxOS のドキュメントを参照してください
Docker (Debian)sudo docker exec -it <CONTAINER_NAME> s6-svstat /var/run/s6/services/agent/
Kuberneteskubectl exec -it <POD_NAME> s6-svstat /var/run/s6/services/agent/
macOSlaunchctl list com.datadoghq.agent または systray アプリを使用
ソースsudo service datadog-agent status
プラットフォームコマンド
Linuxsudo service datadog-agent status
Docker (Debian)sudo docker exec -it <CONTAINER_NAME> /etc/init.d/datadog-agent status
Kuberneteskubectl exec -it <POD_NAME> /etc/init.d/datadog-agent status
macOSdatadog-agent status
ソースsudo ~/.datadog-agent/bin/agent status
WindowsWindows ドキュメントを参照してください。
プラットフォームコマンド
Kubernetesdatadog-cluster-agent status

Agent の情報

Datadog Agent と有効なインテグレーションのステータスを表示するためのコマンドを以下に示します。

プラットフォームコマンド
AIXdatadog-agent status
Linuxsudo datadog-agent status
Dockersudo docker exec -it <CONTAINER_NAME> agent status
Kuberneteskubectl exec -it <POD_NAME> agent status
macOSdatadog-agent status または Web GUI を使用
ソースsudo datadog-agent status
WindowsWindows ドキュメントを参照してください。

以下に示すように、適切に構成されたインテグレーションは、Running Checks の下に警告やエラーなしで表示されます。

Running Checks
==============
  network (1.6.0)
  ---------------
    Total Runs: 5
    Metric Samples: 26, Total: 130
    Events: 0, Total: 0
    Service Checks: 0, Total: 0
    Average Execution Time : 0ms
プラットフォームコマンド
Linuxsudo service datadog-agent info
Dockersudo docker exec -it <CONTAINER_NAME> /etc/init.d/datadog-agent info
Kuberneteskubectl exec -it <POD_NAME> /etc/init.d/datadog-agent info
macOSdatadog-agent info
ソースsudo ~/.datadog-agent/bin/info
WindowsWindows ドキュメントを参照してください。

以下に示すように、適切に構成されたインテグレーションは、Checks の下に警告やエラーなしで表示されます。

Checks
======
 network
 -------
   - instance #0 [OK]
   - Collected 15 metrics, 0 events & 1 service check
プラットフォームコマンド
Kubernetesdatadog-cluster-agent status

その他のコマンド

Agent v6 のコマンドラインインターフェイスは、サブコマンドベースです。利用可能なサブコマンドのリストを確認するには、次を実行します:

<エージェント_バイナリ> --help

サブコマンドを実行するには、Agent バイナリを呼び出す必要があります:

<エージェントバイナリ> <サブコマンド> <オプション>

一部のオプションにはフラグとオプションがあり、--help で詳細に説明されています。たとえば、check サブコマンドのヘルプを使用するには、次を実行します。

<エージェント_バイナリ> check --help
サブコマンドNotes
check指定されたチェックを実行します。
configランタイムコンフィギュレーション管理
configcheck実行中の Agent のうち、ロード済みで解決済みの構成をすべて出力します。
diagnoseシステムに対して接続診断を実行します。
flareフレアを収集して Datadog に送信します
health現在の Agent の状態を出力します。
help任意のコマンドのヘルプ。
hostnameAgent が使用するホスト名を出力します。
import以前のバージョンの Agent から構成ファイルをインポートして変換します。
installserviceサービスコントロールマネージャー内で Agent をインストールします。Windows のみです。
jmxJMX トラブルシューティング。
launch-guiDatadog Agent GUI を起動します。
regimportレジストリ設定を datadog.yaml にインポートします。Windows のみです。
remove-serviceサービスコントロールマネージャーから Agent を削除します。Windows のみです。
restart-serviceサービスコントロールマネージャー内で Agent を再起動します。Windows のみです。
start-serviceサービスコントロールマネージャー内で Agent を起動します。Windows のみです。
stopserviceサービスコントロールマネージャー内で Agent を停止します。Windows のみです。
versionバージョン情報を出力します。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: