オートディスカバリーコンテナ識別子
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

オートディスカバリーコンテナ識別子

オートディスカバリーコンテナ識別子、すなわち ad_identifiers を使用すると、オートディスカバリーコンフィギュレーションファイルテンプレートを特定のコンテナに適用できます。それにはコンテナイメージの短い名前を使用する方法と、カスタムなオートディスカバリーコンテナ識別子を使用する方法があります。

: 他のコンフィギュレーションタイプ(key-value ストア、Docker ラベル、または Kubernetes ポッドアノテーション)の場合、インテグレーションのコンフィギュレーションテンプレートとコンテナとのマッチングには、key-value ストア、ラベル、またはアノテーションコンフィギュレーションに含まれる <CONTAINER_IDENTIFIER> が使用されます。

ショートイメージによるコンテナ識別子

以下のオートディスカバリーコンフィギュレーションテンプレートを特定のコンテナに適用するために、<INTEGRATION_AUTODISCOVERY_IDENTIFIER>コンテナイメージの短い名前を指定します。

ad_identifiers:
  <INTEGRATION_AUTODISCOVERY_IDENTIFIER>

init_config:
  <INIT_CONFIG>

instances:
  <INSTANCES_CONFIG>

たとえば、以下の Apache オートディスカバリーコンフィギュレーションテンプレートを Agent に使用するとします。

ad_identifiers:
  - httpd
init_config:
instances:
  - apache_status_url: http://%%host%%/server-status?auto
logs:
  source: apache
  service: webapp

これにより、ホスト上のすべての httpd コンテナがマッチします。あるコンテナが library/httpd:latest で稼働し、別のコンテナが <WHATEVER>/httpd:v2 で稼働しているとすると、Agent は上記のテンプレートを両方のコンテナに適用します。*コンテナイメージに library/httpd:latest ではなく httpd という短い名前を指定しているからです。

オートディスカバリーコンテナ識別子に短いイメージの名前を指定すると、Agent はその名前にマッチするイメージの中で、ソースが異なる、またはタグが異なるものを区別できません。

標準ラベルからタグを追加

カスタム構成ファイル内でオートディスカバリーコンフィギュレーションが定義されているとしても、 envserviceversion をタグ付けする標準ラベルは併用できます。

既存のコンテナでこれらのラベルを構成する方法については、統合サービスタグ付けを参照してください。

複数の識別子

ad_identifiers に次のように追加することで、複数のイメージ名を指定できます。

ad_identifiers:
  - httpd
  - my-custom-httpd-image

カスタムなオートディスカバリーコンテナ識別子

同じイメージを実行しているコンテナに異なるオートディスカバリーコンフィギュレーションテンプレートを適用するには、カスタムな値の <INTEGRATION_AUTODISCOVERY_IDENTIFIER> を使用し、それを com.datadoghq.ad.check.id ラベルで指定してコンテナを識別します。以下のコンフィギュレーションファイルを使用する場合、

ad_identifiers:
  <INTEGRATION_AUTODISCOVERY_IDENTIFIER>

init_config:
  <INIT_CONFIG>

instances:
  <INSTANCES_CONFIG>

以下のラベルをこのオートディスカバリーコンフィギュレーションテンプレートに追加することで、コンテナを特定できます。

com.datadoghq.ad.check.id: <INTEGRATION_AUTODISCOVERY_IDENTIFIER>

: com.datadoghq.ad.check.id ラベルはイメージの名前よりも優先されます。

その他の参考資料