クラスターチェックランナー
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

クラスターチェックランナー

通常の Datadog Agent はノードとアプリケーションポッドに エンドポイントチェックを実行しますが、クラスターチェックランナーは内部の Kubernetes サービス、およびマネージドデータベースとネットワークデバイスのような外部サービスを監視するクラスターチェックの実行に特化しています。エンドポイントチェックとクラスターチェックを並行して行うことで、クラスターサービスと、お使いのアプリケーションが依存している外部サービスの両方を監視することができます。

: クラスターチェックランナーを使用する場合、通常の Datadog Agent に対してクラスターチェックを有効化する必要はありません。

セットアップ

まず、Cluster Agent をデプロイします。

次に、Datadog Operator または Helm を使用してクラスターチェックランナーをデプロイします。

Operator を使用することで、この例にあるような単一のマニフェストでこれらのリソースすべてをローンチおよび管理することができます。

リソースをクラスターにデプロイします。

kubectl apply -f datadog-agent-with-dca-clusterchecksrunner.yaml

コンフィギュレーションが正常に適用された場合は以下のような結果が表示されます。

datadogagent.datadoghq.com/datadog created

Datadog Operator についての詳細は Datadog Operator リポジトリ を参照してください。

以下のように、チャートの関連するセクションを更新してクラスターチェック、Cluster Agent, クラスターチェックランナーを同時に有効化することができます。

[...]
  clusterChecks:
    enabled: true
[...]
 clusterAgent:
  enabled: true
[...]
 clusterChecksRunner:
  enabled: true
  replicas: 2

同じノードに複数のクラスターチェックランナーが適用されないよう、podAntiAffinity を使用します。

: Datadog Operator および Helm チャートは、podAntiAffinity を使用して複数のクラスターチェックランナーが同じノードに適用されるのを回避しています。Cluster Agent はノード名でクラスターチェックを識別するため、podAntiAffinity を使用することで名前の衝突を避けることができます。