Source Installation 用 Agent の基本的な使用方法
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

Source Installation 用 Agent の基本的な使用方法

概要

このページでは、Datadog Agent の基本的な機能について説明します。Agent をまだインストールしていない場合は、Datadog Agent インテグレーションのページで手順を参照してください。

デフォルトでは、Agent は ~/.datadog-agent にある独自のサンドボックスにインストールされます。このフォルダーは、任意の場所に移動できます。ただし、ここでは、Agent がデフォルトの場所にインストールされていることを前提としているため、場所を移動した場合は、それに応じて手順を変更してください。

コマンド

Datadog Agent に含まれるコマンドのうち、ライフサイクルコマンド (Agent に対する start/stop/restart/status の実行) だけは sudo で実行する必要があります。

説明コマンド
Agent の起動sudo ./bin/agent/agent start
Agent の停止sudo ./bin/agent/agent stop
実行中の Agent のステータスページsudo ./bin/agent/agent info
フレアの送信sudo ./bin/agent/agent flare
コマンドの使用方法の表示sudo ./bin/agent/agent help
説明コマンド
Agent の起動sudo ~/.datadog-agent/bin/agent start
Agent の停止sudo ~/.datadog-agent/bin/agent stop
実行中の Agent のステータスページsudo ~/.datadog-agent/bin/agent info
フレアの送信sudo ~/.datadog-agent/bin/agent flare
コマンドの使用方法の表示sudo ~/.datadog-agent/bin/agent help

コンフィグレーション

Agent の構成ファイルおよびフォルダーの場所:

  • /etc/datadog-agent/datadog.yaml

インテグレーション用構成ファイルの場所

  • /etc/datadog-agent/conf.d/

Agent の構成ファイルおよびフォルダーの場所

  • /etc/dd-agent/datadog.conf

インテグレーション用構成ファイルの場所

  • /etc/dd-agent/conf.d/

トラブルシューティング

Agent のトラブルシューティングドキュメントは、こちらを参照してください

その他の参考資料