Chef
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Chef

Datadog Chef レシピは Datadog のコンポーネントとコンフィギュレーションを自動的にデプロイするために使用します。クックブックは次のバージョンに対応しています。

  • Datadog Agent v7.x (デフォルト)
  • Datadog Agent v6.x
  • Datadog Agent v5.x

: 本ページには、ご利用のバージョンでは使用できない機能が記載されている場合があります。ご利用のバージョンのドキュメントについては、Git タグの README または gem バージョンをご確認ください。

セットアップ

要件

Datadog Chef クックブックは 12.7 以降の chef-client と互換性があります。12.7 以前の Chef を使用されている場合は、クックブックのリリース 2.x をご使用ください。詳細については CHANGELOG 参照してください。

プラットフォーム

下記のプラットフォームに対応しています。

  • Amazon Linux
  • CentOS
  • Debian
  • RedHat (RHEL 8 には Chef 15 以降が必要)
  • Scientific Linux
  • Ubuntu
  • Windows
  • SUSE (Chef 13.3 以降が必要)

クックブック

下記の Opscode クックブックには依存性があります。

  • apt
  • chef_handler
  • yum

: apt クックブック v7.1 以降では、Agent を Debian 9 以降にインストールする必要があります。

Chef

Chef 12 ユーザー: Chef 12 のバージョンによっては、依存性による制約をさらに受けます。

# Chef < 12.14
'yum''< 5.0' に依存
# Chef < 12.9
'apt''< 6.0.0' に依存
'yum''< 5.0' に依存

Chef 13 ユーザー: Chef 13 と chef_handler 1.x を使用している場合、dd-handler レシピを使用できないことがあります。現在のところ、依存性のあるクックブック chef_handler を 2.1 以降へアップデートすることで、これを回避できます。

Chef 14 および 15 ユーザー: Chef 12 および 13 をサポートするため、datadog クックブックには、Chef 14 ではリソースとして出荷されている chef_handler クックブックへの依存性があります。Chef 14 および 15 ユーザーには、廃止予定を告げるメッセージが表示されます。

インストール

  1. Berkshelf または Knife を使用して、クックブックを Chef サーバーに追加します。

    # Berksfile
    cookbook 'datadog', '~> 4.0.0'
    # Knife
    knife cookbook site install datadog
  2. ロール、環境、または他のレシピに Datadog 固有の属性を設定します。

    node.default['datadog']['api_key'] = "<YOUR_DD_API_KEY>"
    
    node.default['datadog']['application_key'] = "<YOUR_DD_APP_KEY>"
  3. 更新したクックブックを Chef サーバーにアップロードします。

    berks upload
    # or
    knife cookbook upload datadog
  4. アップロードが完了したら、ノードの run_list または role にクックブックを追加します。

    "run_list": [
      "recipe[datadog::dd-agent]"
    ]
  5. 次に予定されている chef-client の実行を待つか、手動でこれをトリガーします。

Docker 化された環境

Docker 環境を構築するには、docker_test_env の下のファイルを使用します。

cd docker_test_env
docker build -t chef-datadog-container .

コンテナを実行するには、以下を使用します。

docker run -d -v /dev/vboxdrv:/dev/vboxdrv --privileged=true chef-datadog-container

次に、コンソールをコンテナにアタッチするか、VScode リモートコンテナ機能を使用してコンテナ内で開発します。

Datadog の属性

Datadog API キーとアプリケーションキーの追加には、下記のメソッドを使用できます。

  • environment または role と一緒にノード属性として追加。
  • 上位の優先レベルで他のクックブックにキーを宣言することで、ノード属性として追加。
  • ノード run_state で、run_list の優先する他の Datadog のレシピに node.run_state['datadog']['api_key'] を設定することで追加。この手法では、Chef サーバー上のプレーンテキストの認証情報は保存されません。

: API キーとアプリケーションキーを保存するために実行状態を使用している場合は、これらを実行リストの datadog::dd-handler 以前のコンパイル時間に設定してください。

追加のコンフィギュレーション

クックブックの属性として直接利用できない Agent コンフィギュレーションファイル (通常 datadog.yaml) に要素をさらに追加するには、node['datadog']['extra_config'] 属性を使用します。これは、状況に応じてコンフィギュレーションファイルに配置されているハッシュ属性です。

次のコードは、コンフィギュレーションファイル datadog.yaml にフィールド secret_backend_command を設定します。

 default_attributes(
   'datadog' => {
     'extra_config' => {
       'secret_backend_command' => '/sbin/local-secrets'
     }
   }
 )

secret_backend_command は、下記を使用して設定することもできます。

default['datadog']['extra_config']['secret_backend_command'] = '/sbin/local-secrets'

ネストされた属性にはオブジェクト構文を使用します。下記のコードはコンフィギュレーションファイル datadog.yaml にフィールド logs_config を設定します。

default['datadog']['extra_config']['logs_config'] = { 'use_port_443' => true }

AWS OpsWorks Chef のデプロイメント

下記のステップに従って、Datadog Agent を Chef と一緒に AWS OpsWorks でデプロイします。

  1. Chef カスタム JSON を追加します。

    {"datadog":{"agent_major_version": 7, "api_key": "<API_KEY>", "application_key": "<APP_KEY>"}}
  2. install-lifecycle レシピにレシピをインクルードします。

    include_recipe 'datadog::dd-agent'

インテグレーション

ロールの実行リストと属性にレシピとコンフィギュレーションの詳細を含めることで、Agent インテグレーションを有効化します。 : datadog_monitor リソースを使用して追加のインテグレーションレシピを作成することもできます。

レシピを適切な roles に関連付けます。たとえば、role:chef-clientdatadog::dd-handler が含まれ、role:base は Agent を datadog::dd-agent で開始する必要があります。下記は、dd-handlerdd-agentmongo レシピを使用したロールの例です。

name 'example'
description 'Example role using DataDog'

default_attributes(
  'datadog' => {
    'agent_major_version' => 7,
    'api_key' => '<YOUR_DD_API_KEY>',
    'application_key' => '<YOUR_DD_APP_KEY>',
    'mongo' => {
      'instances' => [
        {'host' => 'localhost', 'port' => '27017'}
      ]
    }
  }
)

run_list %w(
  recipe[datadog::dd-agent]
  recipe[datadog::dd-handler]
  recipe[datadog::mongo]
)

: API キーを複数持ち、アプリケーションキーを 1 つしか持たない可能性は低いため、data_bags はこのレシピでは使用されていません。

バージョン

デフォルトでは、このクックブックの現在の主要バージョンは Agent v7 をインストールします。インストール済みの Agent バージョンを管理するには、下記の属性を利用できます。

パラメーター説明
agent_major_versionAgent の主要バージョンを 5、6 または 7 (デフォルト) に固定する。
agent_version特定の Agent バージョンに固定する (推奨)。
agent_package_action(Linux のみ) 'install' をデフォルトに設定 (推奨)、Agent の自動アップデートを実施する場合は 'upgrade' に設定 (非推奨。アップグレードするには、デフォルトを使用して、固定の agent_version を変更するようにしてください)。
agent_flavor(Linux のみ) datadog-agent をインストールするためのデフォルト 'datadog-agent' は、IOT エージェントのインストールには 'datadog-iot-agent' に設定できます。

すべての利用可能な属性については、ご利用のクックブックバージョンのサンプル attributes/default.rb を参照してください。

アップグレード

クックブックのバージョン 3.x から 4.x にかけて、一部の属性名が変更されています。下記の参照テーブルをご確認のうえ、ご利用のコンフィギュレーションを更新してください。

アクションクックブック 3.xクックブック 4.x
Agent 7.x のインストールサポート対象外'agent_major_version' => 7
Agent 6.x のインストール'agent6' => true'agent_major_version' => 6
Agent 5.x のインストール'agent6' => false'agent_major_version' => 5
Agent のバージョンを固定'agent_version' または 'agent6_version'全バージョンで 'agent_version'
package_action の変更'agent_package_action' または 'agent6_package_action'全バージョンで 'agent_package_action'
APT repo URL の変更'aptrepo' または 'agent6_aptrepo'全バージョンで 'aptrepo'
APT repo dist の変更'aptrepo_dist' または 'agent6_aptrepo_dist'全バージョンで 'aptrepo_dist'
YUM repo の変更'yumrepo' または 'agent6_yumrepo'全バージョンで 'yumrepo'
SUSE repo の変更'yumrepo_suse' または 'agent6_yumrepo_suse'全バージョンで 'yumrepo_suse'

Agent v6 から v7 へアップグレードするには、下記のメソッドのいずれか 1 つを使用します。

  • agent_major_version7 に設定し、agent_package_actioninstall に設定したのち、特定の v7 バージョンを agent_version として固定します (推奨)。
  • agent_major_version7 に設定し、agent_package_actionupgrade に設定します。

下記の例では Agent v6 から v7 へアップグレードします。Agent v5 から v6 へアップグレードする場合も、同様に適用できます。

default_attributes(
  'datadog' => {
    'agent_major_version' => 7,
    'agent_version' => '7.15.0',
    'agent_package_action' => 'install',
  }
)

ダウングレード

Agent のバージョンをダウングレードするには、'agent_major_version''agent_version''agent_allow_downgrade' を設定します。

下記の例では Agent v6 にダウングレードします。Agent v5 にダウングレードする場合も、同様に適用できます。

  default_attributes(
    'datadog' => {
      'agent_major_version' => 6,
      'agent_version' => '6.10.0',
      'agent_allow_downgrade' => true
    }
  )

レシピ

GitHub で Datadog Chef レシピにアクセスします。

デフォルト

デフォルトのレシピはプレースホルダーです。

エージェント

dd-agent レシピが、対象システムに Datadog Agent をインストールし、Datadog API キーを設定して、ローカルのシステムメトリクスに関するレポートを送信するサービスを開始します。

: Windows で Agent を 5.10.1 以前のバージョン から 5.12.0 以降のバージョンにアップグレードする場合は、windows_agent_use_exe 属性を true に設定します。詳細については、dd-agent wiki を参照してください。

ハンドラー

dd-handler レシピchef-handler-datadog gem をインストールし、Chef の実行が終了した時点でハンドラーを起動させ、ニュースフィードに詳細をレポートします。

DogStatsD

DogStatsD と交信する言語固有のライブラリをインストールするには

  • Ruby: dogstatsd-ruby レシピ
  • Python: poise-python クックブックへの依存性をカスタム/ラッパークックブックに追加して、下記のリソースを使用します。詳細については、poise-python レポジトリを参照してください。

    python_package 'dogstatsd-python' # assumes python and pip are installed

トレーシング

アプリケーショントレーシング (APM) に言語固有のライブラリをインストールするには

  • Ruby: ddtrace-ruby レシピ
  • Python: poise-python クックブックへの依存性をカスタム/ラッパークックブックに追加して、下記のリソースを使用します。詳細については、poise-python レポジトリを参照してください。

    python_package 'ddtrace' # assumes python and pip are installed

インテグレーション

Agent インテグレーションのコンフィギュレーションファイルと依存性のデプロイに役立つレシピが数多く用意されています。

リソース

datadog_monitor

レシピを使用せずに Agent インテグレーションを有効化するには datadog_monitor リソースを使用します。

アクション

  • :add: (デフォルト) コンフィギュレーションファイルを設定し、ファイルに適切なアクセス許可を追加し、Agent を再起動して、インテグレーションを有効化します。
  • :remove: インテグレーションを無効化します。

構文

datadog_monitor 'name' do
  init_config                       Hash # デフォルト値: {}
  instances                         Array # デフォルト値: []
  logs                              Array # デフォルト値: []
  use_integration_template          true, false # デフォルト値: false
  action                            Symbol # デフォルトに設定 :add
end

プロパティ

プロパティ説明
'name'構成し、有効化する Agent インテグレーションの名前。
instancesインテグレーションコンフィギュレーションファイルの instances セクションで値を入力するために使用されるフィールド。
init_configインテグレーションコンフィギュレーションファイルの init_config セクションで値を入力するために使用されるフィールド。
logsインテグレーションコンフィギュレーションファイルの logs セクションで値を入力するために使用されるフィールド。
use_integration_templateinstancesinit_configlogs の値を記述するデフォルトテンプレートを使用するには、それぞれのキーの YAML で true (推奨) に設定します。下位互換性ではデフォルトで false に設定されていますが、今後のクックブックの主要バージョンではデフォルトで true に設定される予定です。

この例では、datadog_monitor リソースを使用して ElasticSearch インテグレーションを有効化します。これにより、インスタンスコンフィギュレーション (この場合、ElasticSearch に接続する URL) を条件付け、use_integration_template フラグを設定してデフォルトのコンフィギュレーションテンプレートを使用します。また、Agent を再起動するよう service[datadog-agent] リソースに通知します。

: Agent のインストールは実行リストでこのレシピより上に定義されている必要があります。

include_recipe 'datadog::dd-agent'

datadog_monitor 'elastic'
  instances  [{'url' => 'http://localhost:9200'}]
  use_integration_template true
  notifies :restart, 'service[datadog-agent]' if node['datadog']['agent_start']
end

その他の例については Datadog インテグレーション Chef レシピを参照してください。

datadog_integration

Datadog インテグレーションの特定のバージョンをインストールするには、datadog_integration リソースを使用します。

アクション

  • :install: (デフォルト) 特定のバージョンのインテグレーションをインストールします。
  • :remove: インテグレーションを削除します。

構文

datadog_integration 'name' do
  version                      String         # インストールするバージョン :install action
  action                       Symbol         # デフォルトに設定 :install
  third_party                  [true, false]  # デフォルトに設定 :false
end

プロパティ

  • 'name': インストールする Agent インテグレーションの名前。例: datadog-apache
  • version: インストールするインテグレーションのバージョン (:install アクションでのみ必須)。
  • third_party: Datadog インテグレーションをインストールする場合は false に設定し、それ以外の場合は true に設定します。Datadog Agent バージョン 6.217.21 以降でのみ使用できます。

以下の例では、datadog_integration リソースを使用して、ElasticSearch インテグレーションのバージョン 1.11.0 をインストールします。

: Agent のインストールは実行リストでこのレシピより上に定義されている必要があります。

include_recipe 'datadog::dd-agent'

datadog_integration 'datadog-elastic'
  version '1.11.0'
end

利用可能なインテグレーションバージョンを取得するには、integrations-core レポジトリでインテグレーション固有の CHANGELOG.md を参照してください。

: Chef Windows では、ノードで利用可能な datadog-agent バイナリがこのリソースによって使用されている場合、chef-clientdatadog.yaml ファイルに対する読み込みアクセス権があります。