Amazon ECS ログ収集
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。

Amazon ECS ログ収集

セットアップ

ECS コンテナ内で実行中のアプリケーションにより書き込まれるログをすべて収集し、Datadog アプリケーションに送信する方法は、以下のとおりです。

  1. 前述の手順に従い Datadog Agent をインストールします。

  2. 次の構成で datadog-agent-ecs.json ファイル (オリジナルの Amazon Linux AMI を使用している場合は datadog-agent-ecs1.json) を更新します。

    {
        "containerDefinitions": [
        (...)
          "mountPoints": [
            (...)
            {
              "containerPath": "/opt/datadog-agent/run",
              "sourceVolume": "pointdir",
              "readOnly": false
            },
            (...)
          ],
          "environment": [
            (...)
            {
              "name": "DD_LOGS_ENABLED",
              "value": "true"
            },
            {
              "name": "DD_LOGS_CONFIG_CONTAINER_COLLECT_ALL",
              "value": "true"
            },
            (...)
          ]
        }
      ],
      "volumes": [
        (...)
        {
          "host": {
            "sourcePath": "/opt/datadog-agent/run"
          },
          "name": "pointdir"
        },
        (...)
      ],
      "family": "datadog-agent-task"
    }
    
  3. ログが stdout/stderr に書き込まれ、Agent によって収集されるように、コンテナ定義に logConfiguration.logDriver パラメーターが含まれていないことを確認してください。このパラメーターが awslogs に設定されている場合、AWS Lambda を使用して CloudWatch から ECS ログを収集することで、Agent なしで Amazon ECS ログを収集します。

  1. 前述の手順に従い Datadog Agent をインストールします。

  2. 次の構成を使用して datadog-agent-ecs-win.json ファイルを更新します。

    {
      "containerDefinitions": [
        (...)
          "mountPoints": [
            (...)
            {
              "containerPath": "/etc/passwd",
              "sourceVolume": "passwd",
              "readOnly": true
            },
            (...)
          ],
          "environment": [
            (...)
            {
              "name": "DD_PROCESS_AGENT_ENABLED",
              "value": "true"
            }
          ]
        }
      ],
      "volumes": [
        (...)
        {
          "host": {
            "sourcePath": "/etc/passwd"
          },
          "name": "passwd"
        },
        (...)
      ],
      "family": "datadog-agent-task"
    }
    
  3. ログが stdout/stderr に書き込まれ、Agent によって収集されるように、コンテナ定義に logConfiguration.logDriver パラメーターが含まれていないことを確認してください。このパラメーターが awslogs に設定されている場合、AWS Lambda を使用して CloudWatch から ECS ログを収集することで、Agent なしで Amazon ECS ログを収集します。

ログのインテグレーションを有効にする

各コンテナに使用するインテグレーションを特定するには、source 属性を使用します。この属性をコンテナのラベルで直接上書きすれば、ログのインテグレーションが有効になります。このプロセスの詳細については、Datadog のログのオートディスカバリー ガイドを参照してください。

その他の参考資料