Agent
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Agent

Agent v7 が利用可能です。 最新バージョンにアップグレードすると新しい機能を利用できます。

概要

Datadog Agent は、ホストで実行されるソフトウェアです。ホストからイベントとメトリクスを収集し、Datadog に送信します。ここで、モニタリングとパフォーマンスのデータを分析できます。Datadog Agent はオープンソースです。ソースコードは、GitHub の DataDog/datadog-agent から入手できます。

Agent はフルでインストールすることが推奨されています。ただし、Amazon Linux、CentOS、Debian、Fedora、Red Hat、SUSE、Ubuntu 用に、スタンドアロンの DogStatsD パッケージを使用することが可能です。このパッケージは、DogStatsD がサイドカーとして稼働するか、Agent の機能をフルに持たない DogStatsD サーバーを稼働させているコンテナ環境で使用されます。

スタンドアロンの DogStatsD パッケージは、Agent の 1 行のインストールコマンドでインストールできますが、datadog-agent の部分をすべて datadog-dogstatsd に変える必要があります。DogStatsD6 Docker イメージリポジトリにある Docker イメージも利用できます。

64-bit x86 および Arm v8 アーキテクチャ用のパッケージもご用意しています。その他のアーキテクチャについては、ソースインストールをご利用ください。

Agentをインストールして開始するために、プラットフォームを選択してください。

Datadog は、Datadog Agent をマイナーリリースとパッチリリースごとに、または少なくとも毎月更新することをお勧めします。

Datadog Agent のメジャーバージョンにアップグレードして最新の状態に保つことが、最新の Agent 機能と修正を入手するためにサポートされている唯一の方法です。ただし、Agent は頻繁にアップデートをリリースしており、エンタープライズ規模でアップデートを管理することは困難な場合があります。これは、メジャーリリースまで更新を待つべきであるあるという意味ではありません。組織に適した更新の頻度は、インフラストラクチャーと構成管理の方法によって異なりますが、毎月が目標です。

特定のホストの 2 つのマイナーバージョン間で Datadog Agent コアを更新するには、プラットフォームに対応するインストールコマンドを実行します。

Datadog Agent のリリース番号は、SemVer の規則に従います。


その他の参考資料