SafeNet を SAML IdP として構成する方法
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

SafeNet を SAML IdP として構成する方法

セットアップ

SafeNet の手順については、SafeNet Trusted Access for Datadog を参照してください。

Datadog

メインの SAML 構成手順ガイドに従います。

  • IdP メタデータは、SafeNet Trusted Access コンソールで Download Metadata ボタンをクリックして入手できます。
  • Datadog で、Identity Provider (IdP) Initiated Login チェックボックスをオンにします。
  • Datadog のサービスプロバイダーメタデータが必要です。

SafeNet

  1. Datadog という名前のアプリケーションを追加します。
  2. STA Setup で、Upload Datadog Metadata をクリックします。
  3. Metadata upload ウィンドウで Browse をクリックし、前に取得した Datadog メタデータを検索して選択します。サービスプロバイダーメタデータの情報が Account Details に表示されます。
  4. Save Configuration をクリックして詳細を保存すると、SafeNet Trusted Access で Datadog アプリケーションが有効になります。

認証の検証

STA コンソールの使用

Datadog のログイン URL にアクセスすると、SafeNet Trusted Access のサインインページにリダイレクトされます。プライマリディレクトリのログイン情報を入力し、二要素認証を承認すると、認証後に Datadog にリダイレクトされます。

: IdP 始動モードの場合は、SafeNet Trusted Access コンソールで、Datadog に表示される Assertion Consumer Service URL を入力します。

STA ユーザーポータルの使用

ユーザーポータル URL にアクセスし、STA ユーザーポータルダッシュボードにログインします。ダッシュボードには、アクセス可能なアプリケーションの一覧が表示されます。Datadog アプリケーションアイコンをクリックすると、認証後に Datadog にリダイレクトされます。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: