vSphere インテグレーションの課金

vSphere インテグレーションの課金

概要

Datadog では、vCenter サーバーにインストールされている Agent および監視される VM のそれぞれに対して課金が発生します。

vSphere VM の除外

vsphere.yaml ファイルを使用すると、Datadog によって監視される VM を、正規表現を使用して絞り込むことができます。vsphere.d/conf.yaml サンプルで例を参照してください。

既存の VM に制限を追加した場合は、それまでに検出された VM がインフラストラクチャーリストに最長 24 時間残る可能性があります。移行時間中、VM のステータスは ??? と表示されます。これは、課金対象に含まれません。

トラブルシューティング

技術的な質問については、Datadog のサポートチームにお問い合わせください。

課金に関するご質問は、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。