カスタムメトリクスの課金
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。

カスタムメトリクスの課金

メトリクスが 400 種以上の Datadog インテグレーション以外から送信された場合、そのメトリクスはカスタムメトリクス(1)とみなされます。

カスタムメトリクスはメトリクス名とタグ値 (ホストタグを含む) の組み合わせにより、一意に識別されます。

カスタムメトリクスの数え方

特定のメトリクス名に関連付けられたカスタムメトリクスの数は、メトリクスの送信タイプにより異なります。次のシナリオを使って、カスタムメトリクスの数え方をいくつかご紹介します。

エンドポイントリクエストのレイテンシーを測定する 2 つのホスト (host:Ahost:B) から、request.Latency というメトリクスを送信しているとします。このメトリクスを 2 つのタグキーと共に送信します。

  • endpoint の値は endpoint:X または endpoint:Y とします。
  • status の値は status:200 または status:400 とします。

下記に示すように、データの endpoint:X は両ホストでサポートされていますが、host:B でのみ失敗するとします。また、endpoint:Y へのリクエストは常に成功し、host:B でのみ表示されます。

COUNTRATEGAUGE の各メトリクスタイプから送信されるカスタムメトリクスの数は、同じロジックにより計算されます。

このタグスキームで GAUGE メトリクスに送信された一意のタグ値の組み合わせ数は 4 です。

  • host:Aendpoint:Xstatus:200
  • host:Bendpoint:Xstatus:200
  • host:Bendpoint:Xstatus:400
  • host:Bendpoint:Ystatus:200

これにより、request.Latency では 4 つの異なるカスタムメトリクスが報告されます。

追加タグの影響

タグを追加してもカスタムメトリクスが増えるとは限りません。カスタムメトリクス数は、一般的に、最小粒度または最も詳細なタグに対応します。例えば、米国の気温を測定しており、国と地域ごとに temperature メトリクスでタグ付けしたとします。その場合、次のように Datadog に送信します。

メトリクス名タグ値
temperaturecountry:USAregion: Northeast
temperaturecountry:USAregion: Southeast

3 つの値 NYCMiamiOrlando を持つ city という タグを追加するとします。 このタグを追加すると、以下の表に示すように、より詳細でより粒度の小さい情報をデータセットに加えることになるため、カスタムメトリクスの数が増えます。

メトリクス名タグ値
temperaturecountry:USAregion: Northeastcity: NYC
temperaturecountry:USAregion: Southeastcity: Orlando
temperaturecountry:USAregion: Southeastcity: Miami

temperature から報告されるカスタムメトリクス数は、最小粒度のタグ city に対応します。

次に、temperature メトリクスを state メトリクス (NYFlorida の 2 つの値を持つ) でタグ付けするとします。この場合、countryregionstatecity で temperature をタグ付けしています。state タグを追加しても、データセットにすでに存在する city タグの粒度レベルは変わりません。

Florida の気温を入手するには、単に次のようにカスタムメトリクスの組み合わせを変更します。

  • temperature{country:USA, state:Florida, city:Orlando}
  • temperature{country:USA, state:Florida, city:Miami}

注意: タグ値の順序を変えても一意性は増えません。次の組み合わせは共に同じカスタムメトリクスです。

  • temperature{country:USA, state:Florida, city:Miami}
  • temperature{state:Florida, city:Miami, country:USA}

**HISTOGRAM メトリクスは、一意のメトリクス名とタグ値の組み合わせごとに 5 つのカスタムメトリクスをデフォルトで生成し、Agent 側の maxmedianavg95pccount の集計をサポートします。詳細については、HISTOGRAM メトリクスタイプをご参照ください。

このタグスキームで HISTOGRAM メトリクスに送信された一意のタグ値の組み合わせ数は 4 です。

  • host:Aendpoint:Xstatus:200
  • host:Bendpoint:Xstatus:200
  • host:Bendpoint:Xstatus:400
  • host:Bendpoint:Ystatus:200

デフォルトでは、Agent は元の 4 つのタグ値の組み合わせそれぞれに 5 つのカスタムメトリクスを生成して、avgcountmedian95percentilemaxAgent 側の各集計を有効にします。結果的に、request.Latency から報告されるカスタムメトリクスの総数は 4×*5 = 20 になります。

注意: HISTOGRAM メトリクスに集計を追加すると、個別のカスタムメトリクスの報告数が増えます。集計を削除すると、カスタムメトリクスの報告数が減ります。

  • どの集計を Datadog に送信するかは、datadog.yaml 構成ファイルhistogram_aggregates パラメーターで構成します。デフォルトでは、maxmedianavgcount の集計だけが Datadog に送信されます。必要に応じて sum および min も利用できます。
  • Datadog に送信するパーセンタイル集計を、datadog.yaml 構成ファイルhistogram_percentiles パラメーターで構成します。デフォルトでは、パーセンタイル順位が 95 の 95percentile だけが Datadog に送信されます。

DISTRIBUTION メトリクスは、一意のメトリクス名とタグ値の組み合わせごとに 5 つのカスタムメトリクスをデフォルトで生成し、値の全体的な分布を表示します。これら 5 つのカスタムメトリクスは、サーバー側の countsumminmaxavg の集計をサポートします。詳細については、DISTRIBUTION メトリクスタイプをご参照ください。

このタグスキームで分布メトリクスに送信された一意のタグ値の組み合わせ数は 4 です。

  • host:Aendpoint:Xstatus:200
  • host:Bendpoint:Xstatus:200
  • host:Bendpoint:Xstatus:400
  • host:Bendpoint:Ystatus:200

DISTRIBUTION メトリクスのカスタムメトリクス数は、メトリクス名とタグ値の一意の組み合わせ数に 5 を掛けた数になります。結果として、request.Latency から報告されるカスタムメトリクスの総数は 5×*4 = 20 になります。

タグ付けのカスタマイズ

DISTRIBUTION メトリクスを集計するタグの組み合わせをカスタマイズできます。request.Latency メトリクスに関連付けられた endpoint タグと status タグのみを維持すると、結果として次の 3 つのタグの組み合わせができます。

  • endpoint:Xstatus:200
  • endpoint:Xstatus:400
  • endpoint:Ystatus:200

DISTRIBUTION メトリクスのカスタムメトリクス数は、メトリクス名とタグ値の一意の組み合わせ数に 5 を掛けた数になります。タグをカスタマイズした結果として、request.Latency から報告されるカスタムメトリクス総数は 5×*3 = 15 になります。

パーセンタイル集計の追加

パーセンタイル集計の数え方は独特です。Datadog は潜在的に問い合わせ可能なタグ値の組み合わせごとに 5 つのカスタムメトリクスp50p75p90p95p99 を保存して、全体的に正確なパーセンタイルを提供します。たとえば、endpointstatus のタグの組み合わせの request.Latency に前述と同じタグ依存性でパーセンタイル集計を追加したとします。この場合、問い合わせ可能なタグ値の組み合わせ数は 8 になります。

  • endpoint:Xstatus:200
  • endpoint:Xstatus:400
  • endpoint:Ystatus:200
  • endpoint:X
  • endpoint:Y
  • status:200
  • status:400
  • *

request.Latency のパーセンタイル集計を有効にすると、このメトリクス名が追加で報告され、カスタムメトリクス数は 5×*8 = 40 になります。

: 実際にデータに表示されるタグ値の組み合わせのみが問い合わせ可能な組み合わせとしてカウントされます。{ endpoint:Y, status:400 } の組み合わせは、データで一度も送信されていないため、この組み合わせは問い合わせが不可能となり、カスタムメトリクスのカウントに反映されません。

カスタムメトリクスの追跡

管理ユーザー (Datadog 管理者の役割を持つユーザー) は、使用量の詳細ページで、アカウントの 1 時間当たりのカスタムメトリクスの月平均数と上位 5000 個のカスタムメトリクスを参照できます。詳細については、使用量の詳細に関するドキュメントをご参照ください。

特定のメトリクス名のカスタムメトリクス数をリアルタイムで追跡するには、Metrics Summary ページでメトリクス名をクリックします。以下に示すように「Currently reporting # distinct metrics…」として一覧表示されます。

割り当て

Datadog では、料金プランごとに一定数のカスタムメトリクスが割り当てられています。

  • プロ : 1 ホストにつき 100 個のカスタムメトリクス。
  • エンタープライズ : 1 ホストにつき 200 個のカスタムメトリクス。

割り当ては、インフラストラクチャー全体でカウントされます。たとえば、プロプランを利用しており、3 ホスト分のライセンスを取得している場合、300 個のカスタムメトリクスが割り当てられます。300 個のカスタムメトリクスは、ホストごとに均等に振り分けることも、1 つのホストでのみ使用することもできます。例として、割り当てられたカスタムメトリクス数を超えないシナリオを下記に示しています。

課金されるカスタムメトリクスの数は、特定の月の (有料ホストすべての) カスタムメトリクスの 1 時間当たりの平均に基づきます。アカウントのカスタムメトリクスについてのご相談や、カスタムメトリクスパッケージの追加購入については、セールスチームまたは担当のカスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせください。

標準インテグレーション

以下の標準インテグレーションでは、カスタムメトリクスを生成することができます。

インテグレーションの種類インテグレーション
デフォルトで上限 350 個のカスタムメトリクス。ActiveMQ XML / Go-Expvar / Java-JMX
カスタムメトリクスの収集では既定の上限なし。Nagios /PDH チェック /Prometheus /SNMP /Windows Service /WMI
カスタムメトリクス収集の構成が可能。MySQL /Oracle /Postgres /SQL Server
クラウドインテグレーションから送信されたカスタムメトリクスAWS

トラブルシューティング

技術的な質問については、Datadog サポートチームにお問い合わせください。

請求に関するご質問は、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。