Datadog Audit Trail(監査証跡)

概要

管理者またはセキュリティチームのメンバーは、Datadog 監査証跡を使用して組織内で Datadog を使用しているユーザーとそのコンテキストを確認できます。個人として、自身のアクションをストリームで確認することも可能です。

監査証跡内で発生するイベントには、Datadog API に要求されたすべてのリクエストを顧客リクエストに変換するリクエストイベントと、製品特化イベントの 2 種類があります。

たとえば、リクエストイベントを追跡すると、そのイベントに到達する API 呼び出しを確認できます。または、組織または請求担当の管理者の場合は、監査証跡イベントを使用してインフラストラクチャーの状態を変更したユーザーイベントを追跡できます。

この環境では、以下のような製品特有のイベントについて確認する場合に監査証跡が便利です。

  • ログのボリュームが変化し、毎月の請求額が変化したためインデックスの保持期間が変更されたとき。

  • ダッシュボードまたはモニターが壊れていて修復が必要な場合に、プロセッサまたはパイプラインを変更したユーザーおよびその変更日時を確認する。

  • インデックス化のボリュームが増減し、ログが見つからないまたは請求額が増加したため、除外フィルターを変更したユーザーを確認する。

セキュリティ管理者またはInfoSecチームには、監査証跡イベントはコンプライアンスチェックや Datadog リソースにおける監査証跡(だれがいつ何をしたか)の管理に便利です。たとえば、以下のような監査証跡を管理できます。

  • 重要なダッシュボード、モニター、その他の Datadog リソースの更新または削除があった場合の日時と実行者。

  • 組織内のユーザーログイン、アカウント、ロール変更。

セットアップ

Datadog 監査証跡を有効にするには、オーガニゼーションの設定SecurityAudit Trail Settings を選択し、Enable ボタンをクリックします。

Datadog の監査証跡設定

コンフィギュレーション

アーカイブ

アーカイブは、監査証跡のオプション機能です。Amazon S3、Google Cloud Storage、Azure Storage への書き込みと、これらの場所から SIEM システムによりイベントを読み取るためにアーカイブを使用できます。アーカイブ構成を作成または更新してから次にアーカイブのアップロードが試行されるまで、数分かかることがあります。イベントは 15 分ごとにアーカイブにアップロードされるので、15 分待ってストレージバケットをチェックし、Datadog アカウントからアーカイブが正常にアップロードされたことを確認してください。

監査証跡のアーカイブを有効にするには、オーガニゼーションの設定ComplianceAudit Trail Settings を選択し、Archiving までスクロールダウンして Store Events のトグルボタンをクリックしてオンにします。

保存期間

イベントの保持は、監査証跡のオプション機能です。Retention までスクロールし、Retain Audit Trail Events のトグルをクリックすると、有効になります。

デフォルトの監査証跡イベント保持期間は 7 日間です。保持期間は 3~90 日間の間で設定できます。

Datadog の監査証跡保持期間の設定

監査イベントの確認

監査イベントを詳しく確認するには、Audit Trail セクションに移動します。Datadog のオーガニゼーションの設定からもアクセス可能です。

組織設定メニューの監査証跡

監査証跡イベントは、ログエクスプローラー 内のログと同様の機能を持っています。

  • フィルターを使用して、イベント名(ダッシュボード、モニター、認証など)、認証属性(アクター、API キー ID、ユーザーのメールアドレスなど)、StatusErrorWarnInfo)、メソッド(POSTGETDELETE)およびその他のファセット別に監査証跡イベントを確認。

  • イベントを選択してイベント属性タブに移動し、関連する監査証跡イベントを確認。絞り込みまたは検索から除外する特定の属性を選択(http.methodusr.emailclient.ip など)。

組織設定メニューの監査証跡

保存済みビュー

効率的なトラブルシューティングには、探索を可能にする適切なスコープにデータがあり、意味のある情報を表示する視覚化オプションにアクセスでき、分析を可能にする関連ファセットがリストされていることが必要です。トラブルシューティングはコンテキストに依存するため、保存ビューを使用すると、あなたとチームメイトが異なるトラブルシューティングコンテキスト間で簡単に切り替えられるようになります。保存ビューは、監査証跡エクスプローラーの左上隅からアクセスできます。

デフォルトのビュー以外のすべての保存ビューは、組織全体で共有されます。

  • インテグレーション保存ビューは、監査証跡と同時に提供されます。これらのビューは読み取り専用で、Datadog のロゴが表示されます。
  • カスタム保存ビュー は、ユーザーにより作成されます。組織内のユーザーが誰でも編集でき(読み取り専用ユーザーを除く)、作成したユーザーのアバターで識別されます。エクスプローラーの既存のコンテンツからカスタム保存ビューを新規作成するには、Save ボタンをクリックします。

Views パネルの保存ビューエントリからは、いつでも以下のアクションが可能です。

  • 保存ビューをロードまたはリロード
  • 現在のビューのコンフィギュレーションで保存ビューを更新
  • 保存ビューの名前を変更または削除
  • ショートリンクを使用して保存ビューを共有
  • 保存ビューにスターを付けて、保存ビューリストの先頭に表示。ナビゲーションメニューから直接アクセス可能になります。

: インテグレーションの保存ビューおよび読み取り専用ユーザーには、アクションの更新、名前変更、および削除は無効になっています。

デフォルトのビュー

デフォルトビュー

デフォルトビュー機能では、監査証跡エクスプローラーを最初に開いたときに常に表示されるクエリやフィルターのデフォルトセットを設定することができます。デフォルトビューに戻るには、Views パネルを開き、リロードボタンをクリックします。

既存の監査証跡エクスプローラーのビューは、デフォルトの保存ビューです。この構成は、自身のみがアクセスおよび閲覧可能であり、この構成を更新しても、組織には何の影響も与えません。UI で何らかのアクションを実行するか、別の構成を埋め込んだ監査証跡エクスプローラーのリンクを開くことで、デフォルトの保存ビューを一時的にオーバーライドすることができます。

Views パネルのデフォルト保存ビューエントリからは、いつでも以下のアクションが可能です。

  • エントリをクリックして、デフォルトビューをリロード
  • 現在のパラメーターでデフォルトビューを更新
  • デフォルトビューを Datadog のデフォルトにリセットして再起動。

モニターの作成

監査証跡イベントの特定のタイプや証跡の属性別にモニターを作成するには、監査証跡モニターに関するドキュメントをご参照ください。例: 特定のユーザーログが発生したときにトリガーするモニターを設定、ダッシュボードが削除されたとき用のモニターを設定など。

ダッシュボードやグラフの作成

ダッシュボードを使用すると、監査証跡イベントに視覚的なコンテキストを追加できます。監査ダッシュボードを作成するには:

  1. Datadog で新しいダッシュボードを作成します。
  2. 視覚化を選択します。監査イベントをトップリスト時系列リストで視覚化することができます。
  3. データのグラフを作成: 編集で、データソースとして Audit Events を選択し、クエリを作成します。監査イベントはカウント別に絞り込まれ、ファセット別にグループ化できます。ファセットと上限を選択します。
    監査証跡をデータソースとして設定しデータからグラフを作成
  4. 表示設定を完了してグラフにタイトルを付けます。Save ボタンをクリックしてダッシュボードを作成します。

すぐに使えるダッシュボード

Datadog 監査証跡には、インデックス保持の変更、ログパイプラインの変更、ダッシュボードの変更など、さまざまな監査イベントを表示するすぐに使えるダッシュボードが付属しています。このダッシュボードを複製して、監査ニーズに合わせてクエリや視覚化をカスタマイズすることができます。

監査証跡ダッシュボード